ドッグフードのすべて

「すべてのわんこに最高のドッグフードを」を合言葉にドッグフードについての専用コンテンツを立ち上げました。

ここでいう最高とはそのわんこに合った安心のフドッグードを指します。

そんな犬のドッグフードについていろいろな角度から見て、触って、調べあげたオススメ情報を紹介していきたいと思います。


ドッグフードを知るための情報

現在公開中のドッグフードについての情報は17項目です。随時最新情報を公開していきます。


ドッグフードの副産物について知る。副産物はこんなに危険な

2016年3月3日

副産物

安いドッグフードの材料として、副産物というものが使われているのを目にしたことがある方がいるでしょう。

鶏の副産物、などのように記されているこれら副産物とは、どういったものかご存知でしょうか?これまでしっかりと考えてきたことのある方は少ないでしょうが、その中身について知ると、とてもぞっとします。

とりあえず鳥や豚っと書いてあるからっと思っていると非常に危ないです。

そんな副産物という記載について…


 詳しくは「ドッグフードの副産物について知る。副産物はこんなに危険な素材」


ドッグフードの素材について知る。こんな素材が入っていると

2016年1月14日

ドッグフードを切り替える際に注意する3つのポイント

愛犬に与えているドッグフードにはどういった素材が入っているのか、考えたことはありますか?

もしかすると、日ごろ与えているドッグフードを選ぶのに、値段やCMなどでのイメージだけで、あまり深く考えずに購入しているのではないでしょうか?


一般的に売られているドッグフードのなかには、悪質なものが含まれていることがあります。

悪質なドッグフードとは…


 詳しくは「ドッグフードの素材について知る!こんな素材は赤信号ですよ」

ドッグフードを切り替える際に注意する3つのポイント

2016年1月10日

ドッグフードを切り替える際に注意する3つのポイント

ドッグフードの上手な切り替え方法を知っている方は、実はそれほど多くありません。


愛犬家のなかには、愛するペットが成長するに従って、それぞれの年齢で与える想定で製造されたフードを切り替えながら与えている方がいます。


これは、品質が高いと言われているドッグフードメーカーにおいてよく見られる傾向があり、子犬用のフード、成犬用のフード、そしてシニア世代の老犬用のフードなど、犬種別にさまざまなフードが…


 詳しくは「ドッグフードを切り替える際に注意する3つのポイント」

ドッグフードの素材で与えてはいけない素材を見ぬく方法

2016年1月8日

与えてはいけない素材

ドッグフードを選ぶうえで、パッケージなどに記載されている素材を細かくチェックしていくだけでも危険なフードを適切にピックアップすることができます。


あってはいけないことではありますが、ディスカウントプライスで販売されている安価なドッグフードのなかには、愛犬に食べさせてはいけないような素材が使われている、悪質なフードが少なくないという1つの事実が…


 詳しくは「ドッグフードの素材で与えてはいけない素材を見ぬく方法」

ドッグフードを保存する際に注意しなければいけない5つのポイント

2015年11月30日

ドッグフードの賞味期限mン

どれだけ品質の良いドッグフードを購入しても、保存方法が間違っているとクオリティはすぐに悪くなってしまいます。


特に質の高いフードであれば無添加なものになるので余計に保存方法を気にしなければなりません。

ドライタイプのドッグフードであれば、キッチンなどに放置しておいても大丈夫だろうと考えている方は少なくないのではないでしょうか。

ところが、ドライフードであっても、正しい保存方法でないとすぐに…


 詳しくは「ドッグフードを保存する際に注意しなければいけない5つのポイント大公開」

質の高いドッグフードと低いフードの賞味期限の違い

2015年11月27日

ドッグフードの賞味期限

賞味期限について、じっくりと確認をしたことはありますか?

そういった経験がないという方が多いかもしれませんが、実はドッグフードの賞味期限には大きな違いがあります。

短いものでは1ヶ月や2ヶ月、長いものになると1年や2年といったものもあります。

これはあくまで未開封の場合によってですが、ドッグフードというのは保存が効くことを前提に水分を極限までなくすことで長期保存が効くように作られているということも賞味期限が長い理由になります。

しかし安価なドッグフードの場合それ以外にも添加物や人間には使用してはいけないとされる…


 詳しくは「質の高いドッグフードと低いフードの賞味期限の違い」

小型犬に最適なドッグフードの選び方のポイント

2015年10月15日

小型犬に最適なドッグフード

小型犬は好き嫌いがはっきりしている子もいるようで、フード選びの際には慎重になってしまいます。

近年では犬種の特徴に合わせて配合されたフードが数多く販売されています。


これは商品を売るための1つのブランド確立のための手段であり犬のことを本当に考えているとは言えません。
その証拠に犬種専用のドッグフードの成分を見てみるとほとんどの商品に1番に雑穀が記載されています。

本当に犬のことを考えているのであれば必ず…

 詳しくは「小型犬に最適なドッグフードの選び方とオススメのドッグフード」

中型犬に最適なドッグフードの選び方のポイント

2015年10月11日

中型犬に最適なドッグフード

中型犬は、犬種によっては運動量が多く活発な犬種がいます。

牧羊犬など、もともとの運動量が多い犬種は、自転車で引き運動を行ったり、ボール投げなどで運動量を満たしてやる必要があります。

運動量が多いために、老化が早く免疫力が低下しやすいと言えます。

これは体内で活性酸素が作られ身体が酸化してしまうからです。

活発な中型犬の運動量を維持するためには、抗酸化成分や免疫力をサポートするタイプを選ぶと良いでしょう

 詳しくは「中型犬に最適なドッグフードの選び方とオススメのドッグフード」

大型犬に最適なドッグフードの選び方のポイント

2015年10月7日

大型犬に最適なドッグフード

大型犬のドッグフードは小型犬や中型犬に比べると量が多く必要です
そのため、ドッグフードを比較する対象は価格だけになっていないでしょうか。

しかし大型犬は消化器が弱い傾向にあります。

高タンパク、高脂肪のドッグフードは下痢や軟便になりやすく、皮膚疾患を招いてしまう恐れがあります。

フードを選ぶ際は、消化吸収が良く、腸内環境を整え、なおかつ心臓を強くするフードを選ぶことが重要です。

 詳しくは「大型犬に最適なドッグフードの選び方とオススメのドッグフード」

アレルギーに最適なドッグフードの選び方とオススメのドッグフード

2015年10月4日

アレルギーに最適なドッグフード

アレルギー症状は、薬で症状を抑制しても根本的な治療にはなりません。
アレルギーは食事の内容を見直すところから始まります。
アレルギーのない犬でも、質の低いフードでは、毛並みが悪かったり、口臭や体臭がひどくなることもありますのでフードを見直す必要があります。

特にアレルギーについて重要視するのであれば、フードの原材料はシンプルでこだわりがあるものを選びましょう。

 詳しくは「アレルギーに最適なドッグフードの選び方とオススメのドッグフード」

ダイエットに最適なドッグフードの選び方とオススメのドッグフード

2015年9月30日

ダイエットに最適なドッグフード

愛犬には元気で長生きをしてほしいと飼い主さんの誰もが思っています。
けれども何らかの理由で愛犬が太ってしまうと、病気を引き起こす恐れがあります。
肥満は足腰への負担をかけ、関節や靭帯を痛めやすくしてしまいます。
他にも心臓疾患や呼吸器といった内臓器官へも影響があり、さらには糖尿病まで発症してしまうかもしれません。

犬は大切な家族だからこそ、健康的に過ごしてもらいたいものです。
そのためにも、太らないような対策やダイエットについて学んでいきましょう。

 詳しくは「ダイエットに最適なドッグフードの選び方とオススメのドッグフード」

8種類のドッグフードの徹底比較

2015年9月1日最新の情報へ更新

ドッグフードの比較

実際に私がドッグフードを選ぶ為に重要視している点をまとめて比較表にしてみました。

ドッグフードを選ぶときに私が一番重要視している点は第一に「安全」です。

安全ではないものを愛犬には与えられないですからね。

実際に私が購入したことのあるドッグフードのみで実体験をもとにした比較表に出来上がったのでぜひあなたのドッグフード選びの参考になればうれしく思います。

 詳しくは「8種類のドッグフードの徹底比較」

ネルソンズドッグフードを5つのポイントから知る

ネルソンズ

このネルソンズもイギリスで発売されているドッグフードになります。


もちろん品質はヒューマングレードとして人間が食べることのできる品質にこだわりぬいた品質の高いフードになります。


特にグレーンフリーで穀物を使用しないフードになっているのでアレルギーを気にするわんこに最適です。

 詳しくは「ネルソンズドッグフードを5つのポイントから知る」

オススメのドッグフードと知らないと怖いドッグフードのすべて

オススメのドッグフード

オススメのドッグフードとしてあげさせて頂いているドッグフードには共通して「安心」というフレーズが当てはまります。

安心して与えられるドッグフードではなければ紹介は出来ませんから…
そんな犬のドッグフードについていろいろな角度から見て、触って、調べあげたオススメ情報を紹介していきたいと思います。

 詳しくは「オススメのドッグフードと知らないと怖いドッグフードのすべて」

NDFナチュラルドッグフードを5つのポイントから知る

NDFナチュラルドッグフード

このNDFナチュラルドッグフードは私が実際に使用しているドッグフードで使用するまでに実際にフードを取り寄せてみて実物を調べて納得できたフードです。

実際に使用しているからこそオススメできると私は思っているので、使用してみていいフードを紹介していきたいと思もっています。

自信をもってオススメできるNDFのナチュラルドッグフードをまずは知ってみてください。

実際に愛犬しんごにNDFドッグフードを与えている動画もアップしてみましたので、食べっぷりの良さを見ていただければと思います。

 詳しくは「NDFナチュラルドッグフードを5つのポイントから知る」

カナガンを5つのポイントから知る

カナガン

雑穀の入っていないグレインフリーのオススメのドッグフードが「カナガン」です。

アレルギーもちのわんこって意外と多いんです。

わんこのアレルギーの1番の原因といってもいいのは雑穀にあります。

その雑穀を使用しないで質の高い動物性のたんぱく質を60%も使用している私オススメのフードです。

 詳しくは「カナガンを5つのポイントから知る」

ナチュラルハーベストを5つのポイントから知る

ナチュラルハーベスト

ズバリ!コンセプトは「安心」です。
製造こそアメリカの工場でされていますが、メーカーは日本で、本社は千葉県にあります。
日本の犬の為に、検査の厳しいアメリカで日本の犬のことだけを考え作り上げたドッグフードです。

ナチュラルハーベストには4つのこだわりも共感することが出来るオススメポイントです。
1つ、無添加原材料
2つ、「酸化」=「腐る」対策への取り組み
3つ、日本のメーカーであること
4つ、製品の品質保持

日本のわんこの為にを考えられて作られているので低カロリーに抑えられているのもありがたいフードになります。

 詳しくは「ナチュラルハーベストを5つのポイントから知る」

ティンバーウルフを5つのポイントから知る

名前を見えいただくとわかる通りウルフ=オオカミをモチーフにしたドッグフードになています。

オオカミを名前に取り入れた理由は、オオカミと同様の食事というコンセプトでドッグフードを作られているからです。

ティンバーウルフは1つの食材(消化の良いタンパク源)にこだわり、それにあうようその他の材料を丁寧に選び抜き、組み合わせているところやハーブにこだわり、体質を改善する効果のあるハーブを効率よく摂れるよう配合しています。

 詳しくは「ティンバーウルフを5つのポイントから知る」

アーテミスを5つのポイントから知る

アーテミス

律で厳しく規制されているアメリカで警察犬や軍用犬の施設などでも使用されている信頼のドッグフードです。

もちろん人間の食べることのできる素材だけで作られているドッグフードなのは言うまでもなく「ヒューマングレード」
アメリカのUSDA は食用素材の安全基準を設定しています。その最高基準が「human grade(人間向け)」フレッシュミックスは、USDA 証明付きのhuman grade食材を使用したペットフードで、eed grade(家畜向け)は使われない質が高いドッグフードになっています。

 詳しくは「アーテミスを5つのポイントから知る」

オリジンを5つのポイントから知る

オリジン

ペットフードオブ・ザ・イヤー賞を3年連続して受賞している肉肉しいドッグフードです。


紹介するドッグフードの中でも一番肉に対する比率と思いが強く感じられることのできるフードで肉の比率は80%とドッグフードというよりも肉といったほうがいいと思うぐらい質の高いフードに仕上がっています。

地元で栽培、飼育、漁獲され、ハーブまでも地元に自生する植物を利用することにこだわり、新鮮な状態(冷凍・乾燥されず、保存剤不使用)で工場に届けられた原材料のみを多種使用し作るこだわりを持ったドッグフードです。

 詳しくは「オリジンを5つのポイントから知る」

ナチュラルグリーングレインを5つのポイントから知る

ナチュラルグリーングレイン

すべてが日本製のmade inJapanのプレミアムドッグフードに仕上がっています。

犬猫自然食本舗のオリジナルフードとして日々改善が行われ進化を続けているフードです。

現在はグリーンプラスとしてリニューアルされており、素材そのものをより良くするために根本的にみなおしをかけておりより安心のフードに仕上がっていると感じました。

 詳しくは「ナチュラルグリーングレインを5つのポイントから知る」

アカナを5つのポイントから知る

アカナ

チャンピオンペットフードは家族経営によるペットフード製造会社として伝統と品質を25年続けているドッグフードです。

「アカナ・5つの原則」
1、新鮮な原材料
2、動物性たんぱく質高含有
3、低雑穀、低炭水化物
4、果物、野菜を豊富に
5、心身を強化するハーブ
に従い、地元の新鮮な原材料を使い、世界に通用するペットフードとして誕生したドッグフードです。

 詳しくは「アカナを5つのポイントから知る」

ドッグフードランキング

  • NDF ナチュラルドッグフード

    イギリス生まれの100%ナチュラル素材にこだわったドッグフードです。


    犬の先進国でもあるイギリスで犬のためだけを考えられた安心安全なドッグフードで犬の辞典一押しのドッグフードです。



    オススメする理由

    最大のオススメポイントはやはり安心安全という100%ナチュラル素材ということです。

    ドッグフードにこだわる理由の1番は安全なものを愛犬に与えたいということですので。


    さらに原材料が天然素材にこだわっているので栄養分の吸収がされやすいという点も大きなポイントです。



  • ナチュラルグリーングレイン

    ナチュラルグリーングレイン

    国産にこだわった、国産100%のオススメドッグフードで、無添加、無香料、無着色、酸化防止剤(防腐剤)未使用・膨張材未使用です!!


    国産の安心感はやっぱり強いですね。


    オススメする理由

    3つの約束
    ・国産にこだわった、国産100%
    ・余計なものは加えない。無添加・無着色・無香料
    ・保存料は使わない。酸化防止剤(防腐剤)未使用・膨張材未使用

    工場見学もできるのが安心の証明です!!



  • カナガン

    カナガン

    雑穀の一切入っていないグレインフリーのドッグフードで、アレルギーの犬にも最適に作られているオススメのドッグフードです。


    オススメする理由


    すべての素材は人間が食べられるものだけをという安心安全のコンセプトとイギリスの品質管理の優れた工場で製造されている「安全を追求したフード」であるという点が私のオススメのポイントです。


以上が私のオススメしているドッグフードランキングになります。

もちろんどんなに良いドッグフードでもすべてのわんこに合うわけではないので、愛犬の体調やうんちくんの硬さなどから判断していく必要があります。


サブコンテンツ

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ

このページの先頭へ