ドッグフードの素材について考える!

切り替える方法

愛犬に与えているドッグフードにはどういった素材が入っているのか、考えたことはありますか?


もしかすると、日ごろ与えているドッグフードを選ぶのに、値段やCMなどでのイメージだけで、あまり深く考えずに購入しているのではないでしょうか?


一般的に売られているドッグフードのなかには、悪質なものが含まれていることがあります。

悪質なドッグフードとは、つまり、食べ続けることによって愛犬の健康状態を悪化させるリスクを含んでいる材料が使用されているということです。


本来であれば愛犬の健康や成長を促進させるために与えているドッグフードが、それとは真逆に愛犬の健康を害しているとしたら、あなたはどうしますか?

そうならないためにも、悪質なドッグフードに含まれている材料について知っておく必要があります。


こんな素材はダメ

ここからはドッグフードの原料として記載されている材料の中から与えていると良くないとされる素材を紹介していきます。

今与えているドッグフードの素材を照らし合わせてみてください。


これから紹介する素材が使われている場合は赤信号です。

フードの切り替えをお勧めします。


素材①肉副産物

よくある材料として挙げられるのが、肉副産物です。

これは肉そのものではなく、一般的に肉として加工されることのない、動物の肺や肝臓などの内臓、血液などを含んだもののことを指しています。


なかには、鳥の羽や糞尿などが含まれている場合もあります。


また、以前新聞などで騒がれたのでご存知の方もいるかもしれませんが、車にひかれるなどして死んだ犬や猫、病死したペットなどを使用してドッグフードが製造されたという事件がありました。


このような素材をまとめて4Dと呼んでいます。

4Dとは

  • 死んでいる
  • 死にかけている
  • 障害のある
  • 腐っている

このような素材は人間には提供できないためかなり安価に手に入れることができます。

ですので価格を安くしたい場合にこの4Dを使用するのです。


考えても見てください、ホームセンターなどで10キロ2000円とかで激安に売られているフードを。


100グラム当たり利益を考えると原価10円以下です。


どんな素材が使われているか…考えるだけでも怖くなります。


ちなみに肉とかかれていて、どんな肉なのかがしっかりとかかれていない場合もNGです。


肉=副産物という可能性もあるので。



素材②大豆ミール、脱脂大豆

次に大豆ミールや脱脂大豆という材料名が記されているドッグフードを目にしたことがある方もいるでしょう。


大豆と言うと良質な植物性たんぱく質ですので、これらが含まれたドッグフードは愛犬の健康のためにプラスになるのではないかと考える方がいるかもしれません。


しかし、これらはいわゆる一般的な大豆とは全く別物で、人間の食用の目的のために大豆から栄養分を完全に絞り切った後のカスなのです。


カスと言ってもいわゆるおからのようなものではなく、栄養分などがほとんど含まれないものです。


つまり、ボリュームを増すためだけに使われているのです。



素材③雑穀(主にトウモロコシ)

ボリュームという点では素材一覧の一番初めに雑穀、特にトウモロコシなどと書かれているものに関してもボリュームを増すためだけに入れられているということを覚えておく必要があります。


安さだけを追求した悪質なドッグフードの場合、トウモロコシが原料の8割ほども使われているケースもあるほどで、簡単に言ってしまうと肉類よりも原価が安いという理由で使用されています。


ところが、大豆の場合と同じように、ドッグフードに使われるトウモロコシも、人間の食用には使うことが認められない品質のものしか使われません


しかも雑穀というのは犬は非常に消化するのを苦手とする素材であり、基本的には食べても栄養を吸収することが出来ないんです。


これもすべては価格を安くする為に人間都合で入れられている素材になります。


トウモロコシではないにしても雑穀が一番初めに来ているドッグフードは超注意です。



素材④合成保存料・合成添加物類

これは言うまでもありませんね。


人間でも合成保存料・合成添加物類は入っていないほうがいいと同じように、ドッグフードでも同じです。


しかも犬の場合は人間と違って、合成保存料・合成添加物に対する規制が非常に緩く、人間では絶対に禁止されているものが使用されていることも珍しくありません。


代表的な合成保存料・合成添加物類

ビタミン○の後に続けて記載があるもの(ビタミンB9・葉酸やビタミンAアセテートなど)


ヨウ素酸カルシウム、パントテン酸カルシウム、炭酸ナトリウムなど


合成保存料として有名な発ガン性物質のBHA、BHT、エトキシキンやホルムアルデヒド、アフラキトシン、プロピレングリコール、合成トコフェロール


着色料、赤色2、3、40、102、104-106号 黄色4、5号、青色1、2号


ここで挙げた素材が使われている場合は赤信号です。



素材⑤動物性油脂

これは、牛や鶏、豚などの食用の肉だけでなく、先に挙げた病死したり事故死したりした犬や猫が含まれているケースが報告されています


それだけではなく、馬のひづめや牛の頭部、ネズミなどさまざまな動物の死骸が粉砕され、圧縮されて絞り出された成分が使われているという、とても恐ろしいレポートもあります。



「など」と書かれているもの

この「など」という言葉は非常に問題のある言葉です。

第一に原材料をすべて表示していなということにつながります。

ですので何が入っているかわからない=上記で挙げた素材が使われている可能性は大。

「など」とかかれているドッグフードには注意が必要です。



いかがでしたか?

あなたの与えているドッグフードには記載がされていませんでしたか?

もしも記載されているようであれば何かしらわんこに問題が出ている可能性があります。


私がドッグフードを与える時の基準としては上記で上げている素材が絶対に入っていないことと、私自身が食べれるドッグフードであること、この2つを絶対的な基準にしています。

いくら上記の素材が入っていないとしても、人間が食べることができない素材であれば、家族として上げることが出来ないという考えです。


ですので、使う前にすべてのフードは問い合わせを行い「これは私が食べても問題ないですか」と聞くようにしています。

しかも電話ではなくメールで。

問題ないですよという証拠にもなるメールが残るため。

そのようにして私はドッグフードを選んでいます。


ちなみに私が紹介しているフードはすべて問い合わせを行い、食べても問題ないと答えてもらえたもののみを紹介しています。

もちろん上記で上げている素材などは一切使用していないものです。


特にオススメしているフードで、実際に私が愛犬に与え続けているNDFナチュラルドッグフードなどのイギリス産のドッグフードでは、人間が食べることができる素材、アレルギーを起こしにくい素材などを使って作られていますので、安心して与えることが出来ています。


ただしいくら人間が食べれるといっても、味は全くもっておいしいとは思えませんので、私と同じように味見程度にしてくださいね。


当サイトで紹介しているドッグフードの詳細はこちらから




ドッグフードランキング

  • NDF ナチュラルドッグフード

    イギリス生まれの100%ナチュラル素材にこだわったドッグフードです。


    犬の先進国でもあるイギリスで犬のためだけを考えられた安心安全なドッグフードで犬の辞典一押しのドッグフードです。



    オススメする理由

    最大のオススメポイントはやはり安心安全という100%ナチュラル素材ということです。

    ドッグフードにこだわる理由の1番は安全なものを愛犬に与えたいということですので。


    さらに原材料が天然素材にこだわっているので栄養分の吸収がされやすいという点も大きなポイントです。



  • ナチュロル

    ナチュロル

    生肉55%以上使用した、グレイン、グルテンフリーの無添加100%の日本製プレミアムドッグフードです。


    日本で作られる安心感だけではなく、素材にこだわり人間が食べられる素材のみを厳選。


    オススメする理由

    ・世界初で安定・特続型ビタミンCをドッグフードに配合
    ・生肉55%以上
    ・無添加100%
    ・100円お試しモニターで試せる

    100円モニターは自信があるからこそ出来る安心の証ですね



  • カナガン

    カナガン

    雑穀の一切入っていないグレインフリーのドッグフードで、アレルギーの犬にも最適に作られているオススメのドッグフードです。


    オススメする理由


    すべての素材は人間が食べられるものだけをという安心安全のコンセプトとイギリスの品質管理の優れた工場で製造されている「安全を追求したフード」であるという点が私のオススメのポイントです。


以上が私のオススメしているドッグフードランキングになります。

もちろんどんなに良いドッグフードでもすべてのわんこに合うわけではないので、愛犬の体調やうんちくんの硬さなどから判断していく必要があります。


サブコンテンツ

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ

このページの先頭へ