ドッグフードの素材で与えてはいけない素材を見ぬく方法

与えてはいけない素材

ドッグフードを選ぶうえで、パッケージなどに記載されている素材を細かくチェックしていくだけでも危険なフードを適切にピックアップすることができます。


あってはいけないことではありますが、ディスカウントプライスで販売されている安価なドッグフードのなかには、愛犬に食べさせてはいけないような素材が使われている、悪質なフードが少なくありません。


この素材には要注意ベスト3

ドッグフードに含まれていてはならない素材のひとつが、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)やBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)と呼ばれるものです。


これらはドッグフードが酸化しないように、劣化を防ぐために投入されている酸化防止剤です。


すでに、アメリカ合衆国の毒物学プログラムによって、発がん性が高いということがレポートされており、内臓や肺、目、皮膚などに毒性を与えるリスクがあることが知られています。


同じようにドッグフードの劣化を防ぐための素材である、エトキシキンという防腐剤も危険です。


これは魚肉が多く含まれているフードや、ウェットタイプのフードなどに比較的多く投入されているもので、愛犬のアレルギーを誘発したり、肝臓がんを引き起こしたりするリスクがあることがわかっています。


アメリカの食品医薬品局では、このエトキシキンの摂取については、ある一定の量の範囲内であれば、それほど危険ではないかもしれないとしていますが、1回あたりの摂取量がどれだけ少なくても、それを毎日食べ続けるのであれば、将来にリスクを残すのは間違いありません。


ドッグフードに入っていて危険な素材のもう一つは、プロピレングリコールです。

ドッグフードをモイスト状にキープするために投入される素材で、人間が摂取すると皮膚の炎症を引き起こすことが知られています。

キャットフードへの投入は禁止されているにもかかわらず、ドッグフードに対しては使用を制限されていません。

このように、その中身を知ってしまうと怖くなるようなものばかりです。

ホームセンターなどで格安に売られているドッグフードには入っていることの多い素材です。

それくらいに今の日本のドッグフードの規制は低いということです。

人間の食の世界では超大手企業にもかかわらず、犬のフードとなると安全なのと思えるような素材を使用していることもあるくらいですから。

また、良くフードに素材の色ではなく着色されているものがあると思いますが、この着色料も全くもって必要のない素材で、着色料の中では害がないといわれているものもあるのですが、害があるものも多くないことに越したことがありません。

しかも犬にとっては色がついていようがいなかろうが全く関係ないのです。

だって犬は色を理解する能力が極端に低いとされているからです。

それでも着色料を使用しているかというと、それは飼い主を騙すため(飼い主においしそうと思わせるため)だからです。

ですから着色料はなくていいもの=与えてはいけない素材ということになります。

このようなドッグフードはいくらでも探すことができるくらいに多いということは知っておく必要がありますね。

一方で、NDFやカナガンなどの当サイトで紹介しているドッグフードでは、飼い主が食べても問題のないクオリティの素材を組み合わせて、適切にフードが作られています。

酸化物はもちろん着色料なんて全く使用しません。

ドッグフードは素材がすべてといってもいいくらいに重要なポイント。

与えてはいけない素材を使用しているものは、製造方法もその素材に比例して犬のことを考えているとは思えないからです。

いい素材を使用しているものはその製造方法もしっかりとこだわっているからです。

素材をしっかりと見極めて安心安全を手に入れてください。



当サイトで紹介しているドッグフードの詳細はこちらから





ドッグフードランキング

  • NDF ナチュラルドッグフード

    イギリス生まれの100%ナチュラル素材にこだわったドッグフードです。


    犬の先進国でもあるイギリスで犬のためだけを考えられた安心安全なドッグフードで犬の辞典一押しのドッグフードです。



    オススメする理由

    最大のオススメポイントはやはり安心安全という100%ナチュラル素材ということです。

    ドッグフードにこだわる理由の1番は安全なものを愛犬に与えたいということですので。


    さらに原材料が天然素材にこだわっているので栄養分の吸収がされやすいという点も大きなポイントです。



  • ナチュロル

    ナチュロル

    生肉55%以上使用した、グレイン、グルテンフリーの無添加100%の日本製プレミアムドッグフードです。


    日本で作られる安心感だけではなく、素材にこだわり人間が食べられる素材のみを厳選。


    オススメする理由

    ・世界初で安定・特続型ビタミンCをドッグフードに配合
    ・生肉55%以上
    ・無添加100%
    ・100円お試しモニターで試せる

    100円モニターは自信があるからこそ出来る安心の証ですね



  • カナガン

    カナガン

    雑穀の一切入っていないグレインフリーのドッグフードで、アレルギーの犬にも最適に作られているオススメのドッグフードです。


    オススメする理由


    すべての素材は人間が食べられるものだけをという安心安全のコンセプトとイギリスの品質管理の優れた工場で製造されている「安全を追求したフード」であるという点が私のオススメのポイントです。


以上が私のオススメしているドッグフードランキングになります。

もちろんどんなに良いドッグフードでもすべてのわんこに合うわけではないので、愛犬の体調やうんちくんの硬さなどから判断していく必要があります。


サブコンテンツ

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ

このページの先頭へ