カナガンを知る

カナガン

雑穀の入っていないグレインフリーのオススメのドッグフードが「カナガン」です。


アレルギーもちのわんこって意外と多いんです。


わんこのアレルギーの1番の原因といってもいいのは雑穀にあります。


その雑穀を使用しないで動物性のたんぱく質を60%で犬には必要のない炭水化物の負担を軽減している私オススメのフードです。




カナガンのポイント

コンセプト

コンセプトはズバリ「グレインフリーへのこだわり」です。


犬が消化しにくい&アレルギーの原因にもなる雑穀を完全不使用として使用するすべての原材料はわんこが栄養をしっかりと吸収できるものだけを厳選して選び抜いたドッグフードです。

特徴

特徴は何度も言うように雑穀が一切入っていないグレインフリーということです。


またバランスという点にもこだわりを持っていて動物性のたんぱく質を60%、植物成分を40%で構成されており、素材もすべては人間が食べることのできる素材で作られています。


動物性のたんぱく質として、骨抜きチキンと乾燥チキンを使用したイギリスの最高級ドッグフードに仕上がっています。

100gの価格とカロリー

100g 361カロリー 
100g 約144円(定期購入をした場合)

種類と価格

カナガンにはすべての犬種に適した1種類のドッグフードしかありません。

これはバランスをしっかりと考えられて作られているからこそできることで、フード1つで犬種はもちろんすべての年齢にも適応しています。


カナガン 2㎏ 3600円(通常購入の場合)

この値段を見てしまうと正直高いっと感じる方も多いと思いますが、それだけの価値のあるフードだと思い、私も思い切って購入することにしました。


しかし定期購入を行えば最大で20%オフになるので2880円で購入することが可能です。

原材料

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ


原材料の中でも人間でも有名なコンドロイチン700mg/kgが含まれていて犬では特に関節などの病気の予防にもつながる成分と考えられた配合がオススメの理由でもあります。

販売元

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

カナガンをオススメする理由

私の中で最大のオススメポイントはやはり安心安全という100%ナチュラル素材ということです。


しかもサンプルのフードをたまたまもらえたときに言われた言葉が飼い主さんが食べても問題ないですよ。」という言葉でした。



いつもフードを選ぶときは人間が食べても問題ないのかを必ず問い合わせを行ってから候補に上げるという私のこだわりをわかっていた可能ような言葉をもらえたということにかなり感動しました。



そこからカナガンのフードも当サイトのオススメできるドッグフードに入れることが出来るかを調べるようになりました。



調べていくと当サイトで1番にお勧めしている私のわんこ達が食べているNDFナチュラルドッグフードと販売店が同じということに気がつきました。



実際に使用しているフードと同じということでよりカナガンに対して信頼感が生まれてきました。


製造工場もイギリスで国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得したGAペットフード・パートナーズ社で製造されている点も安心ポイントで、実際に同じ工場で作られているNDFを4年間近く愛用していますが品質に問題は全く起きていません。




製造番号と12か月の追跡システムがすごい

このシステムは1つ1つのフードに対していつ作られていて、どの素材をどこから来たのかまで完璧に把握できるシステムと検査に合格したドッグフードを12か月間保管して、出荷後の品質も確認するWの追跡システムです。



唯一のデメリットは価格

正直に言ってしまえば唯一のデメリットは価格だけです。


私が実際に使用している量は、ラブのしんごくんで1が月に約3.5袋を使用します。

価格にすると定期購入で1袋2880円になるので7980円です。

(1か月をドッグフードだけで過ごした場合)ただし私の場合は手作りごはんも併用しているのでこの半額くらいの価格です。


小型犬の場合は1か月のフード代は約3000円前後になると思います。

デメリットとして価格を上げさせていただいていますが、1日に直すと1日100円がご飯代となるので決して高いとは感じていません。


品質の高い素材を使用すればその分価格は上がるという当たり前のことや高品質で管理されている安心感も価格に反映されるべきだと思います。


価格と質のバランスを見ると決して高いフードではないと私は思っているので、私の中ではデメリットには入らないんですがね。


カナガンの詳しい説明は販売店のHPをご覧いただいたほうがより詳しく説明されていますので参考にしてください。



 グレインフリーフード『カナガン』の詳細ページへ









ドッグフードランキング

  • NDF ナチュラルドッグフード

    イギリス生まれの100%ナチュラル素材にこだわったドッグフードです。


    犬の先進国でもあるイギリスで犬のためだけを考えられた安心安全なドッグフードで犬の辞典一押しのドッグフードです。



    オススメする理由

    最大のオススメポイントはやはり安心安全という100%ナチュラル素材ということです。

    ドッグフードにこだわる理由の1番は安全なものを愛犬に与えたいということですので。


    さらに原材料が天然素材にこだわっているので栄養分の吸収がされやすいという点も大きなポイントです。



  • ナチュラルグリーングレイン

    ナチュラルグリーングレイン

    国産にこだわった、国産100%のオススメドッグフードで、無添加、無香料、無着色、酸化防止剤(防腐剤)未使用・膨張材未使用です!!


    国産の安心感はやっぱり強いですね。


    オススメする理由

    3つの約束
    ・国産にこだわった、国産100%
    ・余計なものは加えない。無添加・無着色・無香料
    ・保存料は使わない。酸化防止剤(防腐剤)未使用・膨張材未使用

    工場見学もできるのが安心の証明です!!



  • カナガン

    カナガン

    雑穀の一切入っていないグレインフリーのドッグフードで、アレルギーの犬にも最適に作られているオススメのドッグフードです。


    オススメする理由


    すべての素材は人間が食べられるものだけをという安心安全のコンセプトとイギリスの品質管理の優れた工場で製造されている「安全を追求したフード」であるという点が私のオススメのポイントです。


以上が私のオススメしているドッグフードランキングになります。

もちろんどんなに良いドッグフードでもすべてのわんこに合うわけではないので、愛犬の体調やうんちくんの硬さなどから判断していく必要があります。


サブコンテンツ

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ

このページの先頭へ