ドッグフードの副産物について考える!

ドッグフードと副産物

安いドッグフードの材料として、副産物というものが使われているのを目にしたことがある方がいるでしょう。


鶏の副産物、などのように記されているこれら副産物とは、どういったものかご存知でしょうか?


これまでしっかりと考えてきたことのある方は少ないでしょうが、その中身について知ると、とてもぞっとします。


とりあえず鳥や豚っと書いてあるからっと思っていると非常に危ないです。


そんな副産物という記載について紹介していきたいと思います。



副産物とは

鶏の副産物とは、人間の食用に使われることのないものばかりです。

つまり、鶏の頭部や足、羽、内臓、骨などです。


こういった人間の口にすることはできない部分だけを集めて、すりつぶしながら高温高圧で燻製にしていくのです。


結果として、茶色いパウダー状になりますが、これを押し固めてドッグフードにしていきます。


こういったパウダー状のものを肉骨粉と呼び、安くて粗悪なドッグフードを作る際には必ずと言ってよいほど使われています。


人間でも鳥の頭や足などを食べるという方もいらっしゃると思いますが、ここでの頭や足というのは新鮮でないものの可能性が非常に高くごまかすという意味でつかわれています。


ほかにも、路上で車にひかれた犬や猫、タヌキ、あるいは病死した家畜やペットなど、あらゆる動物の死骸を一か所に集め、同じくすりつぶして加工をしていく際に抽出される脂分を、動物性油脂としてドッグフードに使用するケースも一般的に行われています。これも副産物の一つです。


また、家禽類副産物と記されたドッグフードもあり、この場合には、鶏だけでなく、アヒルや七面鳥、ガチョウ、鳩など、羽毛や卵、肉を使うために飼育しているさまざまな家畜の使わない(使えない)部分だけを寄せ集めて加工されたもの、ということになります。


肉類を高温で加熱すると急激に酸化が進んでいくものですが、酸化の進んだ状態ではドッグフードとして形成するわけにはいきません。


そこで、さらに強力な酸化防止剤を投入し、酸化を防ぐ処理も行われます。



なぜ副産物が使われてしまうのか

そもそも安価なドッグフードにおいてこれらの素材を使用していかなければ、低価格なドッグフードにすることが不可能だからです。


人間には不適合なものは、いらない素材=安価な素材ということになります。


この安価な素材でも破棄をしようとした場合は、廃棄の料金もかかってしまいます。

業者的にも廃棄料金がかからないい+安くても金になるのでドッグフードとして使用されるわけです。


安価なドッグフードを売る会社も、安価な副産物を売る会社もどっちも得をするからこの方式が成り立っているわけです。


でも実際にそのドッグフードを口にするわんこのことを考えられたとは全く言えませんよね。



実際に大手フードメーカに問い合わせをして「人間が食べても問題ないですか」という質問をしたところ、「あくまで犬のために作られたドッグフードなので人間は食べないでください」という答えが返ってきました。


結構な大手のメーカーでこの答え。


日本のドッグフードメーカーの大半は食べないでくださいという答えが返ってくるはずです。



副産物が入っていないかをしっかりと確認しよう

愛犬の健康のため、楽しい食事のためにドッグフードを選ぶのであれば、副産物が含まれていないものを選びたいものです。


そのためにも実際にドッグフードに書かれている原材料をしっかりと確認して選ぶ癖をつけましょう。


原材料を確認するという癖をつけるだけでも良質なドッグフード選びにかなり近づく第一歩になるはずです。


まずは実際にわんこに与えているドッグフードの原材料を見てみてください。


そのフードは本当に愛犬に安心してあげられますか?



私が実際に使用しているカナガンNDFナチュラルドッグフードなどのドッグフードはイギリスで生まれたプレミアムドッグフードで、副産物を一切使用していません。


材料として使われているものは人の口に入っても問題のないものです。


そして、アレルギーを誘発するような材料も極力排除されていますので、愛犬の身体にもほとんど負担をかける恐れはありません。


ペットの先進国イギリスで生まれという信頼は非常に大きいポイントになると思います。


ドッグフードを探している人は1度原材料を今使っているフードと比べてみるとその良さを体験できると思います。


ちなみに人間ももちろん食べれるドッグフードですよ


ただしいくら人間が食べれるといっても、味は全くもっておいしいとは思えませんので、私と同じように味見程度にしてくださいね。


当サイトで紹介しているドッグフードの詳細はこちらから




ドッグフードランキング

  • NDF ナチュラルドッグフード

    イギリス生まれの100%ナチュラル素材にこだわったドッグフードです。


    犬の先進国でもあるイギリスで犬のためだけを考えられた安心安全なドッグフードで犬の辞典一押しのドッグフードです。



    オススメする理由

    最大のオススメポイントはやはり安心安全という100%ナチュラル素材ということです。

    ドッグフードにこだわる理由の1番は安全なものを愛犬に与えたいということですので。


    さらに原材料が天然素材にこだわっているので栄養分の吸収がされやすいという点も大きなポイントです。



  • ナチュロル

    ナチュロル

    生肉55%以上使用した、グレイン、グルテンフリーの無添加100%の日本製プレミアムドッグフードです。


    日本で作られる安心感だけではなく、素材にこだわり人間が食べられる素材のみを厳選。


    オススメする理由

    ・世界初で安定・特続型ビタミンCをドッグフードに配合
    ・生肉55%以上
    ・無添加100%
    ・100円お試しモニターで試せる

    100円モニターは自信があるからこそ出来る安心の証ですね



  • カナガン

    カナガン

    雑穀の一切入っていないグレインフリーのドッグフードで、アレルギーの犬にも最適に作られているオススメのドッグフードです。


    オススメする理由


    すべての素材は人間が食べられるものだけをという安心安全のコンセプトとイギリスの品質管理の優れた工場で製造されている「安全を追求したフード」であるという点が私のオススメのポイントです。


以上が私のオススメしているドッグフードランキングになります。

もちろんどんなに良いドッグフードでもすべてのわんこに合うわけではないので、愛犬の体調やうんちくんの硬さなどから判断していく必要があります。


サブコンテンツ

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ

このページの先頭へ