常歩行進中の停座

 
TOP犬のしつけ教室JKC家庭犬資格訓練編>常歩行進中の停座
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

常歩行進中の停座

JKCの常歩行進中の停座の内容は
犬を所定の位置に脚側停座をさせる。
指示により常歩脚側行進中5mの規定地点で指導手は歩度を変えずに犬に停座を命じ、約10m行進後、回れ右して犬と対面し、約3秒経過後、指示により常歩で犬の左側から後方を通り犬の元へ戻り終わる。

上記の内容を簡単に訳すと
犬をいったん座らせてから、飼い主よりも後に歩かせる。5メートル歩いた時に、犬にお座りを行わせその場で座らせる。
飼い主はそのまま10メートル直進し犬と向かい合う、3秒経過後に犬のもとへ左回りをして犬の元へ戻りおわる。



常歩行進中の停座の訓練のポイント

初めはかなりゆっくり歩きながら、犬を座らせる時はいったん立ち止まり座らせます。

飼い主についてこないように初めのうちは座らせた後に「まて」をかけ飼い主についてこないようにします。
慣れるまでは時間が必要なので根気よく行い、出来たら必ず褒めてあげます。

常歩行進中の停座をマスターするために必要なしつけは
お座り(座れ)
待て 
後へ
引っ張らない散歩




 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



常歩行進中の停座以外のJKC資格訓練

紐付脚側行進
停座及ぴ招呼
伏 臥
紐付立止
常歩行進中の停座
速歩行進中の伏臥
物品持来
据  座
遠隔・立止から停座
遠隔・伏臥から立止
遠隔・停座から伏臥
障害飛越(片道)
障害飛越(往復)
休 止



種類別のしつけ教室

@犬のしつけ教室
犬を飼う上でのしつけ=初級しつけ編

A犬のしつけ教室
基本的なしつけ=中級しつけ・訓練編

B犬のしつけ教室
JKC家庭犬資格訓練編=上級訓練編初級、中級の総合訓練

C犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問を募集中!!犬の辞典がしつけのアドバイスをいたします。

  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ