障害飛越(往復)

 
TOP犬のしつけ教室JKC家庭犬資格訓練編>障害飛越(往復)
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

障害飛越(往復)

JKCの障害飛越(往復)の内容は
板張り障害の片道飛越させる。犬を所定の位置に脚側停座をさせる。
障害の高さは、小型は概ね体高の高さ、中型は40cm、大型は70cmとする。
指導手は、犬を飛越に必要な任意の助走距離をとった障害の前位置で脚側停座させる。
指示により指導手は犬に飛越を命じる。犬が飛越したら、立止の状態で待てを命じ、行きと同じように犬に障害物を往復させる。
指示により指示により脚側停座させて終わる。

上記の内容を簡単に訳すと
犬を飛ぶときに必要な距離をとり、いったん座らせてから、待てをかける。飼い主は犬に飛べと命じ、犬が飛んだら立ったまま待たせる。犬を再び飛ばせ飼い主の左に犬を座らせて終わる。



障害飛越(往復)の訓練のポイント

障害物を飛ばす訓練は犬とのコミュニケーションになるので楽しみにながら行う。

初めは飛ばす時に失敗しないように低い高さから行い徐々に高くして行く。

待てがしっかりと行えることが重要。

障害飛越(往復)をマスターするために必要なしつけは
ジャンプ
お座り(座れ)
待て 




 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



遠隔・停座から伏臥以外のJKC資格訓練

紐付脚側行進
停座及ぴ招呼
伏 臥
紐付立止
常歩行進中の停座
速歩行進中の伏臥
物品持来
据  座
遠隔・立止から停座
遠隔・伏臥から立止
遠隔・停座から伏臥
障害飛越(片道)
障害飛越(往復)
休 止



種類別のしつけ教室

@犬のしつけ教室
犬を飼う上でのしつけ=初級しつけ編

A犬のしつけ教室
基本的なしつけ=中級しつけ・訓練編

B犬のしつけ教室
JKC家庭犬資格訓練編=上級訓練編初級、中級の総合訓練

C犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問を募集中!!犬の辞典がしつけのアドバイスをいたします。


  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ