待てのしつけ

 
TOP犬のしつけ教室基本的な犬のしつけ>待てのしつけ
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

待てのしつけ

待てのしつけは、餌を使い行います。

犬にはお座りの体制から待てのしつけを行うのでお座りからしつけを行います

お座りの体制から、犬の前に餌を持って行き手のひらにある餌を見せます

見せると同時に「待て」と声をかけます。この時犬は待ての意味を理解していないのですぐに餌を食べようとします。

この時に餌を手で握り食べられなくします

数秒後に「よし」の合図とともに手を開いて餌を犬に与え、褒めてあげます。

待ての時間は徐々に伸ばしていきます。

すぐに長時間の待ては犬にとってストレスとなるので、ゆっくりと時間をかけて行ってください。



待てのしつけのポイント

犬のご飯のときも、絶好の待てチャンスです。

ご飯を与える前に「待て」と声をかけます。

このときご飯は犬の届かないところ(犬の頭の上)に持ち、「よし」の合図とともにご飯を与えます。


        犬のしつけ 待てのポイント




 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



基本的な犬のしつけ6つのコンテンツ

この基本的なしつけでの目的は、ただ単にしつけるのが目的ではなくこのしつけを通して犬と楽しくコミュニケーションを取るというのも目的の一つです。
ですので飼い主も楽しく行い、出来なくてもあせらないでください。
必ずできるようになります。
それでは楽しくいきましょう!!
@お座り(座れ)
A伏せ
B待て
Cほえろ
Dジャンプ(あげた脚の上を飛ぶ)
E後へ(飼い主の左後ろに付き座る)



種類別のしつけ教室

@犬のしつけ教室
犬を飼う上でのしつけ=初級しつけ編

A犬のしつけ教室
基本的なしつけ=中級しつけ・訓練編

B犬のしつけ教室
JKC家庭犬資格訓練編=上級訓練編初級、中級の総合訓練

C犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問を募集中!!犬の辞典がしつけのアドバイスをいたします。


  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ