引っ張る時のしつけ

 
TOP犬のしつけ教室初めてのしつけ>引っ張る時のしつけ
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

引っ張る時のしつけを知る

イ犬の引っ張る行為は、特に中型犬から大型犬には必ずしつけをしなければいけません。

小型犬などは、引っ張られない事にこしたことはありませんが引っ張られたとしても対処が出来ます。

      



犬の噛み癖を直すポイント

@2つの引っ張る時のしつけ方法

1、引っ張る時の一つ目は訓練用の首輪を使用する方法です。

訓練用の首輪とは、リード(綱)を引くと犬の首輪が一瞬しまる首輪です。

訓練方法は単純です、犬が飼い主を引っ張る時は左足より前に出ますこの時に勢いよくリードを引っ張ります。犬は飼い主より前に出ると首輪が締まると思わせます。

この引っ張る時の方法の注意点は小型〜中型犬には向かない事です。

小さい犬にリードを引っ張る力加減を間違えるとけがにつながる恐れがあります。

また、リードを引く際は犬に気づかれないように引くことと、少しでも犬が引っ張らない時にはしっかりと褒めたあげる事です。
この褒める行為を怠ると引っ張る癖を無くすしつけをいくら行っても成功しません。

この引っ張る癖を無くすしつけを1日に1回から2回、10分程度毎日継続して行います。
散歩中などはなるべく犬の前を歩くようにします。


2、次の引っ張る時の方法はUターン方法です。

すべての犬に適します。犬が飼い主より前に出たらすぐに180°Uターンします。

Uターンをすることで犬は飼い主よりも後ろになります。

後ろになることで引っ張ることはなくなり、犬は飼い主よりも後ろになるのです。

犬が前に出ようとしたらUターン、出たら、Uターンを繰り返すことにより犬は前に出る行為をしなくなります。

少しでも前に出なくなったら、しっかりと褒めてあげます。
この引っ張る時のしつけも1日に1回から2回、10分程度毎日継続して行います。

犬の辞典ではUターン方法をお勧めしていますので是非試してください。




 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



初めての犬のしつけ4つのコンテンツはこちらから

初めてでも大丈夫@ トイレのトレーニング

初めてでも大丈夫A 吠え癖を直す

初めてでも大丈夫B 噛み癖を直す

初めてでも大丈夫C 散歩中に引っ張らないようにする

上の4つの項目(特にA〜C)は、出来なければ他人に迷惑、また怪我をする恐れがあるので、初めてでもしっかりとしたしつけが必要です。



種類別のしつけ教室

@犬のしつけ教室
犬を飼う上でのしつけ=初級しつけ編

A犬のしつけ教室
基本的なしつけ=中級しつけ・訓練編

B犬のしつけ教室
JKC家庭犬資格訓練編=上級訓練編初級、中級の総合訓練

C犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問を募集中!!犬の辞典がしつけのアドバイスをいたします。


  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」
当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
ぜひご協力をお願いいたします。

  

犬の辞典のオススメ