知らないと損をする!オススメの犬の保険ベスト3!!

犬が脱毛する時の診断

犬が脱毛する時に考えられるおもな原因としては以下のことが考えられます。

  • クッシング症候群
  • 脱毛症
  • 寄生虫による皮膚病
  • アレルギーによる皮膚病
  • 毛包虫症
  • 疥癬
  • ホルモン性皮膚炎

病気辞典から病気ごとに、症状・原因・診断・治療別に紹介します。

犬の病気辞典!症状、原因、診断、予防、治療から詳しく紹介



考えられる原因と対処方法

犬は夏に季節が変わる頃に、気温の上昇に体が反応して、冬毛が抜け落ちます。

これの脱毛は病気ではありません。

また、これ以外の季節でも犬の毛は常に少しずつ抜け変わり、その後、新しい毛が生えて、正常な状態を保ちます。

しかし、夏の初めから夏以外の季節に全身の毛や体の一部の毛が異常に抜けるようであれば、皮膚病、ホルモン分泌の異常、外部寄生虫の寄生などが考えられます。

皮膚病はいろいろな原因が考えられ、脱毛以外にも他の症状が現れる事が少なくありません。原因を突き止め、適切な治療を行うには獣医師に見てもらう必要があります。

皮膚病に関しては治療を続けて行かなければならずに早期完治が難しい病気の1つです。


その為通院などでも家計の負担につながってしまいますので、まずは早期発見を目指して皮膚病などになりやすいわんこでは前もって犬の保険に入るなどの対策をしておいたほうが断然いいと思います。


皮膚病に関しての犬の保険のコンテンツが追加されましたので興味のある方はご覧ください。

 犬の保険と皮膚病の保障について



初めのうちは両耳の毛が薄くなることから始まり、次第に四肢を除くほとんどの毛が左右対称に抜ける場合には、ホルモン分泌の異常が考えられます。


部分的な脱毛の場合にはノミやダニなどの寄生を疑います。


脱毛の原因には素人にはなかなか突き止められず、放置しておくと慢性化したり症状がひどくなるので、早めに獣医師の診察を受けましょう。





犬の健康診断TOPへ戻る





 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



サブコンテンツ

犬の辞典人気ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    犬の保険を比較するコンテンツが当サイトの1番人気コンテンツに。

    1か月のページビューは約3000ページビューと多くの方にご覧いただけました。

    ありがとうございます。

    日々多くの方が犬の保険について関心をお持ちであるということが伝わってきました。

  • オススメのドッグフードとドッグフードの真実

    犬の保険ランキング

    ドッグフードについてのコンテンツが2位にランクイン。

    今だ知られることのないドッグフード業界の裏の闇を暴露しながらそんな闇に愛犬が呑み込まれないようにするためのドッグフード選びを紹介しているコンテンツです。

  • 犬を捨てま宣言

    アイペットを知る

    捨て犬をなくす為の活動「犬を捨てま宣言」が3位にランクインしました。

    「あなたの宣言で捨て犬を0に」をテーマに犬の辞典で最も力を入れて取り組んでいるプロジェクトです。

    ぜひご協力お待ちしています。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ

このページの先頭へ