犬の保険の皮膚病についての補償

皮膚病についての補償

犬の保険では入る前に、自己申告での前歴の有る病気を告知しなければなりません。


これに違反すると法律的に罰せられてしまうので必ず正しい申告をしなければ行けません。


前歴で皮膚病の病気を告知している場合はその皮膚病がなぜなったのかによって補償がされない場合があります


保証のされないケースは再発の恐れがあるかないかです。


アレルギーによる皮膚病の場合は補償がされないと思ってください。


ただし細菌性などの一時的にかかってしまう皮膚病に関しては、皮膚病自体が保証の対象外になることはありません


ただし皮膚病自体が保険の補償の対象外になっている犬の保険も有るので入る前に保証内容の確認をして皮膚病が対象になっているのかを調べた方がいいと思います


基本的には皮膚病はなりやすい、かかりやすい病気の1つですので、適用されていない保険はあまりおすすめできません


ただし、アレルギー性皮膚炎などは対象外になってしまうことが多いので注意が必要です。


アレルギー性皮膚炎などになっていたとしても、その病気とその病気が原因で起こる恐れのある病気が対象外になるのですが、犬の保険には加入することはできる保険も多いので、自己負担が大きくなりすぎてしまったことを気にして犬の保険を検討されている方は、アレルギー性の皮膚炎などが対象外であっても犬の保険に加入することをおすすめします。


加入するときは保険会社の保証内容はよくパンフレットを確認するか直接問い合わせを行うかなどして事前に確認をしてみてください。


ちなみに私の加入している保険ではアレルギー性皮膚炎でも初回は補償がしっかりと適応される保険です。




犬の保険保障内容一覧に戻る



サブコンテンツ

犬の保険ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    数多くある犬の保険10社以上を実際に私が加入する際に調べた情報をもとに比較してみました。

    比較内容は・料金・プラン・補償内容・更新内容・割引特権などです。
    これを見れば犬の保険の内容がまるわかりです。

  • この保険だけでいいオススメの犬の保険

    オススメの犬の保険

    私が今まで調べ上げた保険の中でもダントツで保険料も安く、質の高い、たった2つの犬の保険を大公開しちゃいます。

    日々増えていく犬の保険の中でもこの2つの保険さえ押さえておけば全く問題ありませんよ

  • 月々1500円から入れるPS保険を知る

    PS保険を知る

    通院も手術も入院も保障されるのに低額に設定されているのがPS保険

    しかも保障内容も充実しているので低価格なのに質の高い保険に設定されているのもうれしいですよね。

    もしもの時の保険だからこそ少しでも安く入りたいというかたに取って見ればこの保険以外にないというくらいにお勧めできます。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ







このページの先頭へ