犬の保険のメリット・デメリットは?

メリット・デメリット

犬の保険にもやはりメリットとデメリットが存在します。


犬の保険に加入する人はデメリットよりもメリットのほうが多いと感じた方だと思いますが、人によってメリットとデメリットは変わってきますし、その比率も違います。


ここでは私が感じたメリットとデメリットを紹介していきます。

デメリットの紹介

私が感じるデメリットはやはり金額面での負担です。

やはり保険ですので月々の費用や年間での費用がかかってしまいます。


現在の犬の保険は掛け捨ての保険がほとんどですので、病気にならなければ損をしてしまいます。

しかしそのデメリットっとメリットを比べた時に犬の保険を入ることによって得られるメリットのほうが強いと確信し犬の保険に加入しました。

正直デメリットは金銭面の負担だけだと思います。


メリットの紹介

メリットは
1、高額な医療費の負担を抑えることが出来る。(PS保険では100%保障もあります)

2、医療費を心配しないでいいので、ちょっとした些細なわんこの体調不良でも動物病院に行きやすくなる。

3、動物病院に行きやすくなるので、早期発見・早期治療に繋がる!!


どうですか?これだけのメリットが存在し、早期発見さえできればほとんどの病気は完治することが出来ます。


しかもデメリットも徹底的に犬の保険を比較さえ行えば、負担金額も少なく抑えることが出来ます。


私の場合、2頭のわんこ、手術保険の90%保障、通常の保険の70%保障で月々約5000円で犬の保険に加入しています。


ちなみにラブ3才とイングリッシュコッカー4才で比較的保険が高い部類の犬種です。


そんなオススメの犬の保険や比較項目をページビューランキングにまとめてみましたので参考にしてくださいね。


サブコンテンツ

犬の保険ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    数多くある犬の保険10社以上を実際に私が加入する際に調べた情報をもとに比較してみました。

    比較内容は・料金・プラン・補償内容・更新内容・割引特権などです。
    これを見れば犬の保険の内容がまるわかりです。

  • この保険だけでいいオススメの犬の保険

    オススメの犬の保険

    私が今まで調べ上げた保険の中でもダントツで保険料も安く、質の高い、たった2つの犬の保険を大公開しちゃいます。

    日々増えていく犬の保険の中でもこの2つの保険さえ押さえておけば全く問題ありませんよ

  • 月々1500円から入れるPS保険を知る

    PS保険を知る

    通院も手術も入院も保障されるのに低額に設定されているのがPS保険

    しかも保障内容も充実しているので低価格なのに質の高い保険に設定されているのもうれしいですよね。

    もしもの時の保険だからこそ少しでも安く入りたいというかたに取って見ればこの保険以外にないというくらいにお勧めできます。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ







このページの先頭へ