犬が出血する時

 
TOP犬の健康診断>犬が出血する時
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬が出血する時

考えられるおもな原因
交通事故によるけが  遺物を飲みこむ  熱中症  中毒  急性腎炎
急性胃炎  肛門の病気  ガン  生殖器の病気 など

病気辞典から病気ごとに、症状・原因・診断・治療別に紹介します。
           → 犬病気辞典



犬が出血する時の原因

犬が出血していたら、原因が何であれ緊急事態です。
まず出血の場所がどこかを知る必要があります。それによりある程度、原因を予測できるからです。

出血の場所は体の内部と外部の2つに分けられます。
体内で出血が起きた場合は、血液が犬の鼻や口から流れ出るか、嘔吐便、尿にまじるかします。

また、犬が交通事故にあったときに口や鼻から出血している場合には、口の中か内臓をひどく損傷している可能性があります。

もし犬が内臓を損傷している時は、あわてて抱き上げて動かすと損傷がよけいにひどくなり死亡につながる恐れがあります。

この時は安全な場所やさしく移し、獣医師を呼ばなければなりません。

血を吐いたり嘔吐物に血が混ざっている、血液の混じったよだれが出る場合は口の中の損傷、内臓の損傷、重い肝臓病、内臓の重いガンにかかっている可能性があります。

下痢をして血便が出る場合は肝臓病などの重い病気の可能性があります。
犬の体の外部での出血がおこっている場合は、多くがけがによるものですが犬が皮膚ガンにかかっている場合はガン病巣(皮膚)から血液やうみが流れ出る事もあります。

ときどき犬の頭部や首周りの被毛を逆なでするようになでて皮膚に異常がないかチェックしていれば、ガンがひどくならないうちに発見できます。


犬の健康診断TOPへ戻る




 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



その他の健康診断項目

吐いてしまう
下痢をする
呼吸がおかしい
出血する
歩き方がおかしい
元気がない
便秘になる
尿に異常がある
ふるえる・けいれんする
発熱する
脱水を起こす
足がマヒしている
ひどくかゆがる
脱毛する
よく水を飲む
太ってきた/痩せてきた
口臭が気になる
よだれがひどい
目やにや涙が出る
犬の健康診断ではなく、病気に対する項目はこちらへ
(ここでは犬種別にかかりやすい病気も掲載しております)


  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」
当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
ぜひご協力をお願いいたします。

  

犬の辞典のオススメ