知らないと損をする!オススメの犬の保険ベスト3!!

犬の尿に異常がある時の診断

犬の尿に異常がある時に考えられるおもな原因としては以下のことが考えられます。

  • フィラリア症
  • 肝臓の病気
  • 膀胱炎
  • 尿路結石
  • 糖尿病
  • 前立腺の異常
  • タマネギ中毒

病気辞典から病気ごとに、症状・原因・診断・治療別に紹介します。

犬の病気辞典!症状、原因、診断、予防、治療から詳しく紹介



考えられる原因と対処方法

犬の便が健康状態の目安であるように、犬の尿も体の異常をすぐに現します。


飼い主が犬の健康な時の尿の回数・色などを知っていれば、変化が現れた時にすぐに異常に気づくことが出来ます。


犬がしばしば尿をする、排尿の姿勢をするものの尿があまり出ない・全く出ないなどの症状は、膀胱炎か尿路結石、前立腺の異常が考えられます。


この時はたびたび水を飲み、排尿の姿勢を繰り返します。


とくに結石が尿路をふさぐと、尿がほとんど、あるいは全く出なくなり犬は大変苦しむので、すぐに病院へ連れていく必要があります。


尿が全く出なくなると、犬は2~3日間苦しんだ後に死亡してしまいます。


また尿の回数が異常に多い時や量が異常に多い時は、慢性の腎不全や糖尿病などの可能性があります。


尿に血が混じっている、尿がにごっている時などは、膀胱炎、膀胱結石急性フィラリア症、玉ねぎ中毒などが考えられます。


便や尿の異常は病気を診断するうえでの一番わかりやすく発見しやすい症状の1つです。


日ごろからどれくらいの頻度でトイレに行くのか、どれくらいの量をするのか、色、形などをよく観察してもしもの時の早期発見につながるようにしてください。



犬の健康診断TOPへ戻る





 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



サブコンテンツ

犬の辞典人気ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    犬の保険を比較するコンテンツが当サイトの1番人気コンテンツに。

    1か月のページビューは約3000ページビューと多くの方にご覧いただけました。

    ありがとうございます。

    日々多くの方が犬の保険について関心をお持ちであるということが伝わってきました。

  • オススメのドッグフードとドッグフードの真実

    犬の保険ランキング

    ドッグフードについてのコンテンツが2位にランクイン。

    今だ知られることのないドッグフード業界の裏の闇を暴露しながらそんな闇に愛犬が呑み込まれないようにするためのドッグフード選びを紹介しているコンテンツです。

  • 犬を捨てま宣言

    アイペットを知る

    捨て犬をなくす為の活動「犬を捨てま宣言」が3位にランクインしました。

    「あなたの宣言で捨て犬を0に」をテーマに犬の辞典で最も力を入れて取り組んでいるプロジェクトです。

    ぜひご協力お待ちしています。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ

このページの先頭へ