中耳炎

 
TOP犬の病気の辞典目の病気>中耳炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の中耳炎

外耳炎の延長で起こる病気



中耳炎の症状

外耳の炎症が中耳に広まる為に起こります。多くの場合は外耳炎の症状も同時に見られるため、中耳炎だけの症状を確認するのは難しくなります。
症状が重い場合は、難聴になったり、鼓膜に穴があいたりすることもあります。

犬が難聴になると、飼い主が声をかけたり、近くで物音がしたりしても反応が鈍くなりますが、犬は徐々に耳が遠くなっていくので、飼い主が気づくまでには時間がかかることもあります。



中耳炎の予防・診断・治療

診断
耳の内部を耳鏡(じきょう)と呼ばれる器具で覗き、鼓膜に穴があいているか、炎症があるか、傷はあるかなどを確認します。鼓膜に穴があいている時は中耳の炎症が疑われます。


治療
外耳炎の治療を行うことで内耳にも治療薬が浸透し、効果が現れます。
しかし、鼓膜に穴があいている時は、耳掃除などの薬液による掃除は行ってはいけません。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ