ツメダニによる皮膚炎

 
TOP犬の病気の辞典皮膚病の病気>ツメダニによる皮膚炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬のツメダニによる皮膚炎

大量のフケが出る病気で人間にも感染する病気。



ツメダニによる皮膚炎の症状と原因

犬の被毛をかき分けて皮膚の表面を観察すると、フケがかさぶたのように厚く重なって、そのフケが動いているように見えたら、その下にはかすかに動くツメダニの集団が観察できるでしょう。

皮膚の下は赤くただれたように見えて、時には毛先にも白い粉のように動くダニが発見されることもあります。

人間にも感染し、激しいかゆみのある赤い発疹が出来ます。



ツメダニによる皮膚炎の予防・診断・治療

診断
顕微鏡で観察すると大きなつめをもつ0.5ミリほどのツメダニを観察することが出来ます。


治療
粉末殺虫剤全身に散布し10分ほど待ってからシャンプーなどで洗い流します。
この時に犬の頭から腰にかけての厚く重なったフケを丁寧に取り除きます。この処置を1〜2日おきに2〜3回行います。
皮膚は赤くなりただれる場合もありますが、患部が乾燥すればすぐに治ります。
寄生の度合いが重症な場合は全身の毛をそる必要も出てきます。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ