椎間板ヘルニア

 
TOP犬の病気の辞典脳と神経の病気>椎間板ヘルニア
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の椎間板ヘルニア

体が麻痺し、普通の運動が出来なくなる病気



椎間板ヘルニアの症状

麻痺や痛みを特徴とし、麻痺が起こる場所は後ろ脚だけだったり、前足だけだったりと様々です。

椎間板ヘルニアでは特に首の付け根や腰などに多く表れる事があります。脊椎の中の神経は体の運動をコントロールしていますが、ヘルニアの起こる位置により体の運動をコントロールする神経がさまざまな為、犬に現れる症状は異なります。



椎間板ヘルニアの原因

椎間板は、髄核と呼ばれる柔らかな骨の周りを線維輪(せんいりん)と呼ばれる丈夫で弾力のある骨でコーティングされています。

この椎間板は背骨の中にある脊髄を守るクッションの役割を果たします。

しかし、過剰な運動や、老化現象などにより、椎間板の中の髄核がコーティングの線維輪を破り外に出てきてしまい、脊髄を刺激する病気です。



椎間板ヘルニアの予防・診断・治療

診断
神経機能を調べ、どこがヘルニアを起こしているかのおおよその見当をつけます。場所がわかった時はX線検査を行います。またX線検査でヘルニアがわからない時は脊髄造影診断という検査方法があります。


治療
軽度の椎間板ヘルニアの場合は、副腎皮質ホルモン薬や抗炎症薬などを与える事で症状を和らげます。重度の椎間板ヘルニアの時はヘルニアの起きている椎間板を手術にて取り除く必要がありますが、手術が成功しても運動が出来るようになるまでにはかなりの時間がかかります。


心臓の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ