低血糖症

 
TOP犬の病気の辞典ホルモンの病気>低血糖症
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の低血糖症

体がぐったりし、けいれんを起こす病気



低血糖症の症状

おもな症状はけいれんを起こす、ぐったりする、運動失調になる、元気がなくなる、下半身の麻痺などです。

生後間もない子犬が低血糖症になると、ほとんど寝たきりになり、症状が悪化するとけいれんを起こします。低血糖症は血液中の糖分濃度が低くなることで引き起こします。



低血糖症の原因

低血糖症は発病する年齢によって、新生児の低血糖症と成犬になってからの低血糖症に大きく分ける事が出来ます。
新生児での低血糖症は生後3ヵ月までの小型犬によく見られます。中でも神経質な子犬に見られる傾向があります。

原因は体の冷え、空腹胃腸の異常などです。
成犬の低血糖症は5歳以上の犬によく見られます。空腹のときや食事をしている最中、興奮したとき、運動している時など、体に糖分が補給されなかったり、体内の糖分を使いすぎたりした時にいきなり起こります。



低血糖症の治療

子犬の低血糖症はブドウ糖を与える事によって完治します。また成犬では一般的には食事をすると症状が治まります。

予防策としては、子犬の場合、体を冷やさない、栄養が不足しないように気をつける。また成犬では、空腹時に運動をさせないようにします。


心臓の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ