タマネギ中毒

 
TOP犬の病気の辞典犬の中毒>タマネギ中毒
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬のタマネギ中毒

タマネギ、長ネギなどに注意



タマネギ中毒の症状

尿が赤ぶどうのような色になり、貧血、黄疸を発症したり、元気がなくなったり、目の結膜が白っぽくなる、心臓の鼓動が速くなる、下痢、嘔吐などの症状が現れます。

犬の体重1キロあたりに対して15〜20グラムのタマネギで中毒を起こすとされますが、タマネギを丸々食べても症状の出ない犬もいます。

症状は犬の個体により様々です。



タマネギ中毒の原因

タマネギや長ネギに含まれる化学物質(アリルプロピルジスルファイド)によって赤血球の中のヘモグロビンが酸化され、赤血球内にハインツ小体という物質が作られることが原因です。

このハインツ小体が作られると、赤血球は血液の中で溶けてしまったり臓器などに引っ掛かり破壊されたりして、溶血性貧血と呼ばれる症状を起こします。



タマネギ中毒の予防・診断・治療

診断
犬の症状から診断するほか、血液検査を行いハインツ小体が検出されれば、タマネギ中毒と診断されます。


治療
赤血球が失われる為に、輸血や輸液、または抗プラスミン剤の投与を行い治療していきます。


呼吸器の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ