僧帽弁閉鎖不全

 
TOP犬の病気の辞典心臓の病気>僧帽弁閉鎖不全
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の僧帽弁閉鎖不全

心臓の僧帽弁が完全に閉まらなくなる病気



僧帽弁閉鎖不全の症状

僧帽弁閉鎖不全は年をとるにつれて徐々に進行します。

小型犬に起こることが多く、早い場合では5,6歳で症状が出る事があります。

初めの症状としては興奮したときなどに軽い咳が出る程度ですが、徐々に咳の間隔が短くなっていきます。
夜中から朝方にかけてひどくなることが多く、重くなると一晩中止まらない事もあります。

さらに病気が重くなると、咳のと同時に呼吸困難を起こしたりすることもあり倒れる事もあります。



僧帽弁閉鎖不全の原因

僧帽弁が完全に閉じなくなるために起こる病気です。

2枚の弁からなる僧帽弁が長い時間をかけて少しづつ厚くなって変形し、完全に閉まらなくなります。

僧帽弁が完全に閉まらなくなることで、心臓の左心室が血液を送り出そうとするときに本来の流れとは違う方向にも押し出され、さらには肺からくる肺静脈の流れにも影響を与え、肺にも負担がかかることもあります。

肺の負担になることにより、肺はうっ血を起こして肺水腫の状態になり、咳や呼吸困難を引き起こします。



僧帽弁閉鎖不全の予防・診断・治療

診断
心音を聴診すると、僧帽弁閉鎖不全の特徴的な心臓の音を聞くことが出来ます。その結果と、犬の症状から診断することが出来ます。
X線検査心電図、超音波検査から、左心室の肥大が発見されることもあります。

治療
僧帽弁閉鎖不全の治療は、強心剤、利尿剤などの内科的治療が主になります。
弁の異常などを手術で改善することは困難なため、症状を軽くする為、長い間薬を飲まなければならなくなることもあります。
家庭での生活は、なるべく犬を興奮させないようにし、長い散歩などは控えるようにしましょう。

心臓の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る




 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ