歯周病

 
TOP犬の病気の辞典口の病気>歯周病
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の歯周病

悪化すると全身の病気を引き起こす病気


歯周病の症状

歯の周辺に起こる病気を歯周病と言います。歯周病の初めには歯ぐきの炎症(歯肉炎)が起こります。
この歯ぐきの炎症程度では、飼い主は気付きにくいものです。
歯肉の色が少しでも変化していたら、歯肉炎を心配する必要があります。

このような歯肉の変化を知るためには、常日頃、犬の口の中を観察していくことが必要です。

健康な犬の歯肉は奇麗なピンク色をしています。歯肉炎が進んで行くと、歯の根元から膿がでるために口臭がひどくなります。

また、歯の周りから出血することもあります。さらに進むと、歯と歯肉の間の溝が深くなります。歯の根が緩くなり歯がぐらぐらするなどの症状も出ます。

ここまでの症状まで来ると、犬は食事に時間がかかるようになり、食欲がないようにも見えます。歯の周りの化膿した部分からは細菌が毒素を作り出すために、犬の血液中にアンモニア濃度が高くなることもあります。



歯周病の原因

歯周病の原因には外傷と細菌の感染があります。犬が固いものなどを噛んで口の中を傷つけたり、頭部に強い衝撃を受けたことにより、歯肉に炎症が起こり、歯肉炎になることがあります。

このような外傷による歯肉炎は、症状も重くなることは少なく、自然に治ることがほとんどです。

細菌による感染の場合は、口の中の汚れが原因となり起こります。歯の間に食べかすや歯垢がたまると、その中にいる細菌が歯肉に炎症を起こし歯肉炎になります。
このような細菌感染の詩集の病気では、しばしば、重い全身的な症状を伴う臓器の病気を引き起こします。長期に細菌の感染が続くと、その細菌が歯肉から血管に入り、血液によって全身に運ばれるからです。



歯周病の予防・診断・治療

診断
歯肉の色や腫れ、退縮、壊死、潰瘍などの状態を診断します。歯のX線写真を撮り、歯の根元に炎症があるかどうかを確認します。
さらに歯と歯肉の間のすき間がどのくらい深いのかを確認し、病気の進行具合を調べます。


治療
細菌性の歯周病の場合は、細菌の除去が必要です、そのために歯垢が溜まって石灰化した物の削除を行います。
歯の根元まで細菌の感染が及んでいたら、その部分もきれいにしなければなりません。この時に重要なのは膿をすべて出してやり、歯の根元に付着した歯垢や黒く変色している表面部分を完全に取り除くことです。その後に抗生物質やイソジンなどを投与します。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ