細菌性腸炎

 
TOP犬の病気の辞典感染症の病気>細菌性腸炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の細菌性腸炎

下痢の症状が見られる



細菌性腸炎の症状

腸炎の症状は、原因となる菌の種類や、急性か慢性、炎症を起こした部位などにより異なりますが、いずれも下痢が見られます

便の状態は軟便、水便、血液の混じった便などいろいろです。
下痢が激しいようだと短時間の間に脱水症状が現れます。犬の元気がなくなり、食欲不振、毛づやが悪くなるなどの症状も現れます。腸の働きが激しくなるので、お腹が鳴る、腹痛が起きるなどの症状も現れます。



細菌性腸炎の原因

腸炎を起こす原因はいろいろありますが、サルモネラ菌やカンピロバクター菌等の細菌やカビ、大腸菌なども原因となります。

中でも犬の腸炎で重要なのはサルモネラ菌とカンピロバクター菌です。感染はこれらの細菌に侵された食べ物や水を口にすることにより感染します。

口から入った菌は腸の中で増加し、毒素を出し、腸にダメージを与えます。衛生面の悪いところで飼育された子犬や、健康状態の悪い犬、輸送や手術などのストレスを感じている犬なども発病します。

これらの菌は健康な犬でも約10%は細菌をもっているとされています。細菌をもっている犬は、健康状態が悪化されることにより、菌におかされ発病します。



細菌性腸炎の予防・診断・治療

診断
原因の菌の特定は、難しいですが、症状や、感染していると思われる犬の便を採取して顕微鏡などで菌の存在を確認します。


治療
抗生物質の投与を行います。腸炎はいろいろな菌の感染から起こるので最も効果のある抗生物質を投与する必要があります。
また腸炎では、脱水症状を引き起こすこともあるので、リンゲル液やブドウ糖液などの輸血を行う事もあります。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ