横隔膜ヘルニア

 
TOP犬の病気の辞典呼吸器の病気>横隔膜ヘルニア
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の横隔膜ヘルニア

横隔膜が破れて臓器がはみ出す病気。



横隔膜ヘルニアの症状

主に事故やけがの衝撃によって横隔膜が破れたり避けたりして起こります。
ヘルニアの程度や他のケガの状態により症状は異なります。

横隔膜ヘルニアがあったとしても軽い場合には症状が現れない事もあります。
重い場合には事故の直後から呼吸困難の症状が現れます。
前足を突っ張ってあえいだり、荒い呼吸を繰り返し立っていられなくなることもあります。

このような症状が見られた時には一刻も早い治療が必要です。
またヘルニアが出来た場所や程度によっては、吐き気や食欲不振や元気がなくなるといった症状が見られることもあります。



横隔膜ヘルニアの原因

この横隔膜ヘルニアは事故による外傷が原因で起こります。
ヘルニアは体内の内部でもともと穴のない場所に穴ができ、そこから皮膚に下に臓器が出てきてしまう事を言います。

横隔膜ヘルニアの場合は胸腔と腹腔を分けている横隔膜に穴があいてしまい、そこから腹部の臓器が胸の内部に入ってきてしなう病気です。

胸腔の中に他の臓器が入ってくることにより、肺や心臓は圧迫されて呼吸困難やその他の症状を表すことになります。



横隔膜ヘルニアの予防・診断・治療

診断
事故の内容がはっきりしていれば、症状を見たり聴診器での診断によって容易に診断することが可能です。
また、X線検査によって、ヘルニアの程度や、どの臓器が関係したヘルニアなのかをある程度予測することも出来ます。


治療
嘔吐や呼吸困難などの現れる場合には緊急の外科的手術が必要になることがあります。
ただし胸腔の手術には、どのような手術にしろかなりの危険を伴う事は考えておかなければなりません。


呼吸器の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ