乳がん

 
TOP犬の病気の辞典ガンの病気>乳がん
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の乳がん

乳にしこりが出来るのが唯一の症状



乳がんの症状

犬の乳房(乳腺)に出来る腫瘍です。特にメスは腫瘍の50%以上が乳腺に出来ると言われているくらいに多い病気です。

症状が良く見られるのは10〜11歳のメスに見られます。犬では妊娠した経験がある・ない関係なしに発生します。

オスにも出来る事はありますがメスと比べると極めてまれです。
乳腺の腫瘍は乳房を触れるとしこりが見られるのが唯一の症状です。



乳がんの原因

乳がんの早期発見は簡単です。5歳以上の犬を飼っている場合には月に1回でいいので、お腹をなでるついでに乳腺をやさしくつまむようにしてしこりがないかを確認するだけです。

また、乳がんの場合は、1歳以内に避妊手術を受ける事により乳がんになる確率は大幅に減ります。



乳がんの予防・診断・治療

診断
しこりが見つかったときに、しこりの一部を採取し、組織検査でガンかどうかを判断します。手術を行う前に、X線検査などで、他の臓器に転移していないかの確認も必要です。


治療
ガンが疑われる場合には、しこりの部分だ出を切り取るのではなく、まわりの健康的な組織も含めて乳腺ごと切除します。直径1センチ以下のガンであれば、手術を受ける事によってほとんどが完治します。


心臓の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ