熱中症

 
TOP犬の病気の辞典犬のけが>熱中症
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬が熱中症

体温が急激に上昇する病気



熱中症の症状

犬は寒さに強く、暑さに弱い動物です。犬には汗を出す汗腺がない為体温が上昇したときに人間のように汗を出して体温を下げる事ができません。

犬は口をあけてあえぎ、空気を体内に入れる事で体温調節を行います。
温度が高く、換気の良くないところに置かれたり、直射日光のあたる所で過ごしたりすると、体温が急激に上がり、40度を超え、そのまま下がらなくなります。

激しい運動をした後にも同じような症状が現れる事があります。すぐに犬の体温を下げなければ死亡してしまう事さえあります。

特に肥満犬は、体脂肪が多い為、熱の発散がうまくいかず、熱中症にかかりやすいので注意が必要です。

熱中症の初期症状は、激しいあえぎ呼吸と大量のよだれです。
脈拍も速くなり、口の粘膜が紅色に染まります。そのままの状態で時間がたつと、血液の混じった嘔吐や下痢、けいれんを引き起こし、血圧の低下心音も弱まり、呼吸不全になります。



熱中症の応急処置

犬が熱中症の症状を現した時は、風通しを良くするなどの換気を行います
犬の体温を低下させるために、犬の体に水をかけたり、濡らしたタオルを体にかけるなどし体温を低下させます。
犬が水をほしがったらどんどん水を飲ませます。



熱中症の予防・診断・治療

診断
気温や湿度の高い日に、犬が急にあえぎ呼吸を始めたり、体温が急激に上昇したりなどの症状が現れれば、すぐに熱中症と診断がつきます。
また、血液検査によって血液中の酸と塩基のバランスが崩れていることがわかれば、これによっても簡単に診断が出来ます。


治療
まずは犬の体温を下げます。直腸体温(肛門から体温計を入れ測る方法)が39,5度まで下がったら、体を冷やすのを止め、ショック症状の予防の為に輸液などを行います。
体温が正常に戻ったら、安静を保ち様子を見ます。
しばらくして再び体温が上昇することがあるので注意が必要です。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ