知らないと損をする!オススメの犬の保険ベスト3!!

犬の熱中症を知る

体温が急激に上昇する病気



熱中症の症状

犬は寒さに強く、暑さに弱い動物です。犬には汗を出す汗腺がない為体温が上昇したときに人間のように汗を出して体温を下げる事ができません。


犬は口をあけてあえぎ、空気を体内に入れる事で体温調節を行います。


温度が高く、換気の良くないところに置かれたり、直射日光のあたる所で過ごしたりすると、体温が急激に上がり、40度を超え、そのまま下がらなくなります。


激しい運動をした後にも同じような症状が現れる事があります。すぐに犬の体温を下げなければ死亡してしまう事さえあります。


特に肥満犬は、体脂肪が多い為、熱の発散がうまくいかず、熱中症にかかりやすいので注意が必要です。


熱中症の初期症状は、激しいあえぎ呼吸と大量のよだれです。


脈拍も速くなり、口の粘膜が紅色に染まります。


そのままの状態で時間がたつと、血液の混じった嘔吐や下痢、けいれんを引き起こし、血圧の低下心音も弱まり、呼吸不全になります。




熱中症の応急処置

犬が熱中症の症状を現した時は、風通しを良くするなどの換気を行います


犬の体温を低下させるために、犬の体に水をかけたり、濡らしたタオルを体にかけるなどし体温を低下させます。


犬が水をほしがったらどんどん水を飲ませます。




熱中症の予防・診断・治療

診断

気温や湿度の高い日に、犬が急にあえぎ呼吸を始めたり、体温が急激に上昇したりなどの症状が現れれば、すぐに熱中症と診断がつきます。


また、血液検査によって血液中の酸と塩基のバランスが崩れていることがわかれば、これによっても簡単に診断が出来ます。




治療

まずは犬の体温を下げます。直腸体温(肛門から体温計を入れ測る方法)が39,5度まで下がったら、体を冷やすのを止め、ショック症状の予防の為に輸液などを行います。


体温が正常に戻ったら、安静を保ち様子を見ます。


しばらくして再び体温が上昇することがあるので注意が必要です。






病気の16項目一覧

サブコンテンツ

犬の辞典人気ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    犬の保険を比較するコンテンツが当サイトの1番人気コンテンツに。

    1か月のページビューは約3000ページビューと多くの方にご覧いただけました。

    ありがとうございます。

    日々多くの方が犬の保険について関心をお持ちであるということが伝わってきました。

  • オススメのドッグフードとドッグフードの真実

    犬の保険ランキング

    ドッグフードについてのコンテンツが2位にランクイン。

    今だ知られることのないドッグフード業界の裏の闇を暴露しながらそんな闇に愛犬が呑み込まれないようにするためのドッグフード選びを紹介しているコンテンツです。

  • 犬の手作りごはんを知る

    犬の手作りごはんを知る

    当サイトで圧倒的一番人気コンテンツです。

    手作りごはんに挑戦したいと思っている飼い主さんに知っておいてもらいたいポイントをわかりやすくまとめて紹介しています。

このページの先頭へ