内耳炎

 
TOP犬の病気の辞典目の病気>内耳炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の内耳炎

外耳炎の延長で起こる病気



内耳炎の症状

耳の最深部にある内耳には、蝸牛神経(かぎゅうしんけい)と前庭神経(ぜんていしんけい)があります。
蝸牛神経では聴覚の働きを持ち、前庭神経では体の平衡を保つ働きを持ちます。

犬の症状は、この2つの神経が炎症を起こすことのにより起こります。
蝸牛神経が炎症を起こした場合は犬は難聴になり、犬は徐々に耳が聞こえなくなります。

前庭神経が炎症を起こすと、体のバランスが保てなくなり、病気の耳のほうに炎を描く様に歩きます。重症になると、犬は歩けなくなり横になってころころと転がります。この前庭神経による症状は突然起きるので飼い主を驚かせます。



内耳炎の原因

慢性の外耳炎の時や、外耳炎の治療着に現れる事があります。耳の打撲などにより起こることもあります。

しかし原因のわからない内耳炎も多くあり、外気圧や天候などが関与していると言われます。



内耳炎の予防・診断・治療

診断
難聴については声をかけるなどで、犬の反応を見るのが普通ですが、動物病院などでは犬は緊張している事が多く、反応が分かりにくいことがあります。
このような時は飼い主が日ごろの生活の中で気づくのが一番の診断です。前庭神経の炎症の場合は、症状がはっきりしているため、すぐに診断が出来ます。


治療
難聴の治療に有効なものは今のところないのが現状です。
前提障害では早期発見を行い、副腎皮質ホルモン剤やビタミンB1を投与することにより改善が見られます。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ