網膜剥離

 
TOP犬の病気の辞典目の病気>網膜剥離
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の網膜剥離

網膜がはがれて、時には失明してしまう病気



網膜剥離の症状

網膜の一部、または全部が眼底から離れてしまった状態です。網膜に起こる病気はほかの目に病気に比べて少なく、軽い場合の病気は症状もはっきり現れない事があり、見過ごされてしまう事も多いようです。

網膜剥離を起こすと、その程度にもよりますが、視力障害を起こしたり網膜剥離した目が全く見えなくなることがあります。

しかし犬はもともと視力が良くないため、視力の低下でも日常生活は普通に出来てしまうために、病気に気づくのが遅れる事がしばしばあります



網膜剥離の原因

網膜剥離は、網膜が眼底からはがれる病気です。先天性のものもあり、コリーなどの犬種に見られます。

網膜と脈絡膜(みゃくらくまく、網膜の外側にある膜のこと)の間に炎症が起こり、炎症で生まれた産物が溜まって剥離が起こることや、眼球を満たしている硝子体が炎症を起こし変形したり、萎縮してたりして網膜を前に引っ張り、それによりはがれる事や、事故などの衝撃によりはがれる事もあります。



網膜剥離の予防・診断・治療

診断
眼底検査を行います。網膜が眼底から完全にはがれている場合は、硝子体の中に剥がれた網膜が浮いているのが見えます。


治療
網膜剥離の原因が何らかの病気にあるのなら、その病気の治療を行います。
しかし、いったん剥がれてしまった網膜に対しては、犬では今のところ有効な治療法はありません。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ