毛包虫症

 
TOP犬の病気の辞典皮膚病の病気>毛包虫症
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の毛包虫症

ダニが寄生する犬の代表的な皮膚病



毛包虫症の症状

生後4〜5ヶ月から8〜9ヶ月の性成熟期をはさんだ幼い時期に発病します。初めは口や下顎、目の周囲、前足の前面などの皮脂線(ひしせん)の多く分布する皮膚に、毛が抜けた部分が広がるといった症状から始まります。
しだいにニキビのような物がたくさん出来、それらが広がって、ただれを起こすようになります。

さらには、頭や肩、背中、腰、肛門などに広がり、時には全身に広がることもあります。



毛包虫症の原因

原因としては、毛包虫に寄生されている犬からの感染や、母犬からの授乳中に感染して、発育期に皮膚病として発病します。

犬の半数以上はこの毛包虫を持っていると言われています。しかし毛包虫症の発病や進行には年齢、なりやすい犬種、免疫力などの低下、食事の傾向なども関係してきます。



毛包虫症の予防・診断・治療

診断
犬の症状や皮膚の感染状況から判断し診断を行います。


治療
毛包虫症は犬の皮膚病の致命的な病気とされていました、しかし近年は寄生しているダニを殺す内服用の抗生物質の開発や、治療法の進化により、治る皮膚病になりました。
しかし治療には長期間を要するので、計画的な治療が必要です。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ