急性腎不全

 
TOP犬の病気の辞典泌尿器の病気>急性腎不全
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の急性腎不全

激しい脱水症状がおこる病気


急性腎不全の症状

食欲が全くなくなり、嘔吐や下痢、脱水などの症状が見られます。
脱水症状は深刻なこともあり、ひどい時には口内も乾燥してパサパサになります。また、老廃物が体内に溜まり尿毒症を引き起こす恐れもあります。
そのまま進行していくにつれ、けいれんなどの神経症状を起こします。

犬の急性腎不全は尿量が極端に減少することはありません。
急性腎不全では、タンパク質を代謝したときに生じる窒素化合物を通常道理に排泄できなくなり、窒素濃度が上がる高窒素血症になります。


急性腎不全の原因

原因は様々ですが、大きく分けると腎臓自体に異常がある場合と、それ以外の臓器に異常が原因で腎臓に異常が出る場合です。

腎臓に異常がある場合は急性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群の時に急性腎不全の症状が見られます。

また、その他の臓器に異常のある場合には、尿路結石により尿が出なくなり急性腎不全になることがあります。



急性腎不全の予防・診断・治療

診断
血液検査や尿検査を行います特に窒素化合物の検査とカルシュウムやカリウムの濃度の検査は必要です。
血液中の窒素化合物の測定は腎臓の検査としてもっともよく使われます。ただし窒素化合物の測定で発見された時は病気はかなり進行していることが多くあります。


治療
急性腎不全の代表的な治療法としては尿量の少ない高窒素血症を紹介いたします。
主な治療法は尿の量を増やすことです。そのために余分な窒素化合物を体内から出すことです。それと同時にタンパク質以外の栄養素を与える事です。


呼吸器の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ