急性腎炎

 
TOP犬の病気の辞典泌尿器の病気>急性腎炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の急性腎炎

ひどい時には死ぬ時もある病気


急性腎炎の症状

軽い時には腎臓に小さな病変が現れるだけなので、特に症状も現れず、気づかないままに経過します。

病気が重ければ、速い段階で体内のさまざまな臓器が異常を起こし尿毒症と言われる状態になります。

腎臓から余分な窒素化合物がうまく排出されなくなり、血液中の窒素化合物濃度が高くなる高窒素血症になります。

他の病気と同じように元気がなくなり、嘔吐や脱水などの症状も見られます。中にはけいれんなどの神経的な症状が現れる事もあります。
口の中に出血が現れたり、口からアンモニアの匂いがしたりします。



急性腎炎の原因

さまざまな病気の影響を受けて、軽いものであっても異常がたびたびに生じる事があります。

たとえて言えば、犬伝染性肝炎を始めとするウイルスに感染したときや免疫作用に異常が生じた時です。

また、毒素をもつ物質に対して腎臓が中毒を起こした時にも急性腎炎になることがあります。



急性腎炎の予防・診断・治療

診断
ウイルスなどに感染していないか、毒物に対して中毒を起こしていないかを調べます。また血液中の窒素濃度を検査します。


治療
ウイルスや中毒にかかっている場合にはその病気の治療を行います。それと進行して、急性腎不全の治療を同時に行います。
治療のポイントは輸液を行う事です。輸液を行う事により、脱水症状に対して水分を補い血液中の電解質の調整を行い有害な窒素化合物を取り除く効果があります。


呼吸器の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ