コロナウイルス性腸炎

 
TOP犬の病気の辞典感染症の病気>コロナウイルス性腸炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬のコロナウイルス性腸炎

嘔吐と下痢が出る病気



コロナウイルス性腸炎の症状

ウイルス性腸炎の一つで、下痢と嘔吐が主な症状です。特に幼犬が感染すると激しい症状を示します。

犬パルボウイルスとの混合感染が多く混合感染をしてしまった場合は症状も重く、死亡率が高まります。
成犬の多くはコロナウイルスに感染しても無症状で過ぎてしまいますが幼犬が感染すると症状が重く表れる事があります。

症状はしばし突然に現れ、元気がなくなり、下痢と嘔吐が現れます。通常オレンジ色で悪臭のあるおかゆ状の軟便から次第に水便となります。

普通は7〜10日の経過で完治することが多いのですが、なかには下痢の症状だけで突然死を起こすこともあります。



コロナウイルス性腸炎の原因

犬コロナウイルスに感染することにより発病します。感染力が非常に強く集団飼育をしている犬舎などでは短時間でほとんどの犬が感染することも珍しくありません。

感染した犬の嘔吐物や糞便などから感染します。

犬の体内に入ったコロナウイルスは、特に小腸の細胞で増殖して、下痢などの消化器障害を起こします。



コロナウイルス性腸炎の予防・診断・治療

診断
感染している犬の下痢便を電子顕微鏡で見て、コロナウイルスを調べます。
また、下痢やおう吐などの症状は感染症では多くみられる症状なのでウイルスの分離、同定や、蛍光抗体法などによって抗原を見出すことにより診断します。


治療
特別な治療法はありません。安静と保温を心がけ、静かに過ごします。
また下痢などの症状が重い場合には輸液などを行います。二次感染を防ぐために、抗生物質や下痢、嘔吐などをおさえる薬を投与することもあります。


心臓の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ