気管支炎

 
TOP犬の病気の辞典呼吸器の病気>気管支炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の気管支炎

ひどいせきが出る病気



気管支炎の症状

乾いた空せきを繰り返すようになります。
空せきは何かを吐くような症状と似ており、吐き気の症状と間違える事もあります。

せきの刺激により吐き気を誘発することもあるので注意が必要です。

症状が重くなると、のどの周りに触られるだけでいやがるようになり、触るだけでせきがひどくなったり、胸部やのどに痛みが出たり、発熱して食欲がなくなったり、元気がなくなったりします。

ゼーゼーという呼吸音が聞こえたり、呼吸困難を起こし、口をあけて呼吸をするようになります。



気管支炎の原因

ウイルス・細菌・真菌などの感染によるもの、刺激性の煙やガス、化学薬品を吸い込んだものが考えられます。

しかしやはり、ウイルスや細菌からの感染が原因の多くを占めるようです。

犬では特にいくつかのウイルスや細菌に混同感染して子犬などが気管支炎を起こす「ケンネルコフ」という病気がよく知られています。

それ以外には寄生虫、特に線虫類などが気管に入りこんで気管支炎を起こすこともまれにあります。
寄生虫がついている犬には注意が必要です。



気管支炎の予防・診断・治療

診断
発熱や食欲不振などの全身症状が出ている場合には、その他の病気を調べるためにも十分な検査がに必要です。

血液検査や、胸部に対するX線検査などがひつようになることもあり、吐き気のある場合はせきからくる吐き気なのかも調べなければなりません。


治療
治療は全身治療に注意して行う必要があります。一般的には内科的治療や吸引治療が主になります。
犬をなるべく安静に保つことと、興奮させない事。


呼吸器の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ