結膜炎

 
TOP犬の病気の辞典目の病気>結膜炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の結膜炎

犬に一番多い目の病気。



結膜炎の症状

結膜炎になると、まぶたの周りが痛んだり、かゆくなったりします。犬は前足で目をこするしぐさをしたり、床に頭をこすりつけたりします。

結膜は赤く充血し、浮腫を起こして腫れる事もあります。犬のまぶたをめくると、充血の様子などがはっきり分かります。

また犬がまぶたをこする為に、まぶたの周りが赤くなったり、涙が多く出る事もあります。



結膜炎の原因

目を強くこする、目に毛が入るなどの物理的刺激、シャンプーなどによる科学的な刺激、細菌やウイルスの感染、アレルギーなどの原因が考えられます。

結膜炎の症状が片目だけの場合は、主に物理的な原因が考えられます。

結膜炎が両目の場合は、感染症やアレルギーなどの全身性の病気が原因であると考えられます。



結膜炎の予防・診断・治療

診断
ライトで犬の結膜を照らし観察します。痛みがひどいようなら、点眼用の麻酔薬を投与し痛みをなくした上で診断を行います。
犬の場合、結膜炎はまつげやその周りの毛に刺激されて出来る事が多いので、これが原因なのか、その他に原因があるのかを診断します。


治療
結膜の炎症に対して点眼薬を用いて内科的治療を行います。また、結膜炎の原因がまつげやその周りの毛の場合はその毛を抜いたり、そったりします。
しかし、細菌やウイルス感染などが原因となる為に、点眼治療のほかに結膜炎の原因となる病気の治療が必要となります。

家庭では目の周りをホウ酸水などで清潔に保ち、犬が前足などで目をこすらないように注意します。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ