ケンネルコフ

 
TOP犬の病気の辞典感染症の病気>ケンネルコフ
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬のケンネルコフ

咳のでる呼吸器の病気



ケンネルコフの症状

呼吸器の感染症で、主な症状は強い咳をすることです。特に短い空咳が特徴的です。

食欲や元気は比較的正常にありますが、軽い熱がでます。咳は運動したときや、興奮したときなどにひどくなります。

このような軽い症状は数日で治まりますが、二次感染や混合感染などの重症の場合には高熱を発し、うみのような鼻水をだし食欲がなくなり、肺炎に移行することがあるので注意が必要です。



ケンネルコフの原因

ケンネルコフの原因となるウイルスは、パラインフルエンザウイルス、犬アデノウイルス2型、に感染するとケンネルコフ感染病になります。

また、細菌の感染でもケンネルコフになる恐れがあります。
ケンネルコフに感染している犬のくしゃみや咳によりウイルスがまかれ感染は広まって行きます。



ケンネルコフの予防・診断・治療

診断
短く乾燥したせきが続く、微熱がある、食欲がない、鼻汁がでるなどの症状と、胸部のレントゲン写真と撮りデータとして診断を行います。
軽症の場合には単独感染、重症の場合には混合感染が疑われます。


治療
このウイルスに有効な薬はありませんが、細菌からの感染に対しては抗生物質による治療が可能になります。
抗生物質の場合には飲ませたり注射したりするよりも、気管支拡張剤と一緒に吸入器でのどに噴霧する治療が有効的です。
その他は、咳を抑えるために咳止めなどを投与します。
軽症なものでは数日で、長くても数週間あれば回復します。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ