角膜炎

 
TOP犬の病気の辞典目の病気>角膜炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の角膜炎

角膜に炎症が生じ、激しい痛みを伴う病気


角膜炎の症状

角膜に炎症が起きると、かなり激しいく痛みます。
そのため犬は、目を気にする動作を頻繁に繰り返します。まぶたをしきりに閉じたり、前足で目を擦ったりします。また涙をたくさんこぼし、目の周りを濡らしたり、まぶたの周りが炎症とは別に赤く腫れる事があります。

炎症が広い範囲に及ぶ場合は、痛みは強く、まぶたのけいれんなども起こります。
炎症が中度になると角膜が白くにごり、角膜炎であることがはっきり分かりさらに進行すると、白く濁った角膜の表面が盛り上がり、その周りには病気になるまではなかった血管があるのが分かります。
この血管は、炎症を治すための生まれた、新生血管と言います。

ここまで来ると角膜炎も慢性化し、かなり悪化していると考えられます。新生血管は炎症が治った後も黒く残ることがあります。



角膜炎の原因

角膜炎は外傷性と非外傷性に分ける事が出来ます。外傷性では、目をこする、シャンプーなどの薬品が目に入る、まぶたの周りの毛やまつ毛などが目を刺激するなど様々です。

非外傷性のものでは、細菌やウイルスによる感染症やアレルギー反応などがあります。ウイルスによるものでは、犬伝染性肝炎の角膜炎(ブルーアイ)などがあります。



角膜炎の予防・診断・治療

診断
ライトで犬の角膜を照らし観察します。痛みがひどいようなら、点眼用の麻酔薬を投与し痛みをなくした上で診断を行います。
角膜に新生血管などができ白く濁っている場合は角膜炎であることは明らかです。
しかし初期の段階では新生血管などは出来ていないため、フルオレセインという色素で角膜を染色します。
炎症があれば、蛍光緑色に染まるため、炎症の位置や大きさ、病気の進行具合を知ることが出来ます。


治療
角膜の炎症に対して点眼薬を用いて内科的治療を行います。しかし、非外傷性では細菌やウイルス感染などが原因となる為に、点眼治療のほかに角膜炎の原因となる病気の治療が必要となります。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ