イヌヘルペス感染症

 
TOP犬の病気の辞典感染症の病気>イヌヘルペス感染症
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬のイヌヘルペス感染症

誕生まもない子犬のかかる致命的な病気



イヌヘルペス感染症の症状

生まれたばかりの子犬に、出血と腎臓、肺、肝臓などの臓器の壊死を起こす急性の病気です。
潜伏期間は約1週間ほどで、母犬の母乳を飲まなくなり、吐き気、嘔吐、よだれなどが見られ、苦しい咳などの症状も見られるようになります。

末期には運動失調などの神経症状があらわれ、1週間前後でほとんどの兄弟姉妹の犬(同腹犬)が死亡してしまいます。



イヌヘルペス感染症の原因

イヌヘルペスウイルスによって感染します。感染するのは出生直後から2〜3週間までの新生児に限られます。

このことは体温調節の不十分な新生の子犬と、36度前後で盛んに増えるウイルスに関係していると思われますが詳しくはわかっておりません。



イヌヘルペス感染症の予防・診断・治療

診断
出生後の子犬、肝臓などが壊れるため、お腹を押すと痛がる、特徴的な鳴き声などからこのイヌヘルペス感染症を疑います。
しかし、イヌヘルペス感染症は死亡率が高く、急死してしまうため、死亡してから分かることのが多くあります。


治療
抗生物質などの治療を試みますが、出産直後に高い死亡率を示すため、実際上の治療は不可能です。
ただし、同腹犬にこの症状の犬が現れた際は、他の犬も感染しているとみなして治療を行います。
その方法は発病した犬を隔離し、他の犬は体温を37〜38度前後のウイルスの増えにくい体温に保つことにより命を救える可能性があるとされます。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ