胃潰瘍

 
TOP犬の病気の辞典消化器の病気>胃潰瘍
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の胃潰瘍

胃の粘膜が傷つく病気


胃潰瘍の症状

よく嘔吐し、胃の粘膜が傷つくことによりでる出血により吐いた物が茶色になります。この症状を吐血(とけつ)と言います。

吐血は茶色っぽい物と真っ赤なものがあり、茶色っぽくなる原因としては血が古くなってから出てくるからです。赤いものは肺からの出血が原因となることが多く非常に重症なので出来るだけ早く治療をする必要があります。

また胃潰瘍からくる吐血(茶色いもの)も赤いものほどではないにしろ早く治療をする必要があります。また、便に血がまじる、発熱する、腹の痛みなどの症状があります。



胃潰瘍の原因

人間の場合はストレスが原因でなることが多いようですが、犬では多くの場合、肥満細胞腫という腫瘍や、腎不全などがもとになって発病します。
その他にも肝不全やショック、低血圧により起こることもあります。



胃潰瘍の予防・診断・治療

診断
胃カメラによる検査を行います。その他は、貧血などの症状や、吐血、低たんぱく質症などから判断します。


治療
まず原因になっている病気を治療します。腫瘍が原因の場合は手術により切断を行います。
また、症状が重い時や、再発の場合などは、潰瘍の周りを摘出する手術が必要になる時もあります。


呼吸器の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ