骨の腫瘍

 
TOP犬の病気の辞典ガンの病気>骨の腫瘍
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の骨の腫瘍

歩き方がおかしくなるガン



骨の腫瘍の症状

足を引きずるなどの歩行異常と足の腫れが見られます。

大型犬で、外傷がなく、ねんざの理由なども見当たらないのに足を引きずっている場合は、すぐに獣医師の診断を受けてください。

骨の腫瘍には良性のもので骨腫、 悪性のものでは骨肉腫、軟骨肉腫があります。
骨肉腫は臓器などに移転しやすいガンで、多くの場合、病気の初期の段階で肺に移転します。

この腫瘍には、早期発見し手術を行えば治る確率は高くあります。
軟骨肉腫は軟骨の成分から発生するガンで、足の関節の周りの腫れと歩行の異常で気づくことが多いようで、骨肉腫よりは完治する可能性が高いようです。



骨の腫瘍の原因

歩き方に異常が見られたり、足首や骨の関節の周りの腫れが3〜4日以上にわたって引かない時は、骨のガンである可能性があります。
このような時にはすぐに獣医師の診断が必要です。



骨の腫瘍の予防・診断・治療

診断
X線検査で骨の異常を確認するとともに、病変の一部を採取して、検査でがんの種類を調べる必要があります。


治療
骨の一部のみにガンが出来ている初期の段階には、足の切断手術と手術後の抗ガン治療を行えば完治する可能性があります。

早期に発見して、骨を移植すれば足を切断しなくてすむ場合がありますが、命を救うためには多くの場合、足を切断しなければなりません。

ガンが進行した場合、足の切断手術を行い1年後の生存率は10%です。足の切断手術と抗がん剤治療を行うことにより生存率は50%までになります。

足の切断に対して多くの飼い主の場合に切断を拒否しますが、犬の骨のガンは肺などに移転する可能性が高く、犬が死ぬ数ヶ月間犬は激しい痛みを引き起こします。愛犬の為を考えた冷静な判断が必要です。


心臓の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ