皮膚の腫瘍

 
TOP犬の病気の辞典ガンの病気>皮膚の腫瘍
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の皮膚の腫瘍

治りにくい皮膚病のように見える事がある病気



皮膚の腫瘍の症状

皮膚や皮下組織などの体の表面にできた腫瘍は、多くの場合、皮膚に触れるとしこりが感じられます。

ただし腫瘍の種類によっては肉眼では皮膚病や潰瘍、外傷などと区別が出来ない事があります。

皮膚の腫瘍は乳がんに次いで発生率の高い病気です。
皮膚の腫瘍の悪性には肥満細胞腫、腺ガン、扁平上皮ガンなどが良く発生します。
肥満細胞腫は人間では良性ですが、犬では移転しやすい悪性の腫瘍となります。この腫瘍は体のどこでも発生します。

また、体の下半身に出来るものがより悪性とされます。腫瘍のできた部分の皮膚はこぶ状になったり、表面が壊死していたり、筋肉が固まったりするなどのさまざまな症状が現れます。



皮膚の腫瘍の原因

乳がんの早期発見同様に、5歳以上の犬を飼っている場合には月に1回でいいので、体をなでるついでに全身をくまなく触れ、しこりがないか調べてください。

また 腫瘍の種類によっては肉眼では皮膚病や潰瘍、外傷などと区別が出来ない事があるので注意が必要です



皮膚の腫瘍の予防・診断・治療

診断
しこりが見つかった処に、注射針を刺し、吸い取った細胞を調べる方法と、皮膚の一部を採取して細胞を調べる事によって、腫瘍の種類を診断します。


治療
ガンが疑われる場合には、しこりの部分だ出を切り取るのではなく、まわりの健康的な組織も含めて切除します。直径1センチ以下のガンであれば、手術を受ける事によってほとんどが完治します。


心臓の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」
当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
ぜひご協力をお願いいたします。

  

犬の辞典のオススメ