白内障

 
TOP犬の病気の辞典目の病気>白内障
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の白内障

進行すると失明する病気



白内障の症状

目の水晶体が白く濁る病気です。進行すると視力が低下し、失明に陥ることもあります。

白内障は水晶体に起こる病気です。水晶体は瞳孔よりも奥にあるので目の中を覗き込んで瞳孔の奥が白く濁っていれば白内障が疑われます。

水晶体が白く濁る為に視力が損なわれ、犬がふらふら歩く、よく物にぶつかるなどの症状から異変に気づきます。
また、白内障が重度に進行すると水晶体が破壊されることがあり、ひどい炎症を起こすことがあります。



白内障の原因

先天性のものと後天性のものがあります。後天性の白内障の原因としては、犬の老化によるものです。
犬が6歳以上で白内障が徐々に進行していくもののほとんどは老化による変化であると考えてよいでしょう。
先天性とは血統からくる遺伝的病気を指します。
また、外傷、糖尿病、中毒などが原因で白内障になることがあります。



白内障の予防・診断・治療

診断
眼底鏡(がんていきょう、眼を診断するときに使う顕微鏡)で目の中をのぞくと、どれだけの光が網膜まで届いているのかが分かり、病気の進行の程度を知ることが出来ます。


治療
白内障の症状が進行すると視力障害を起こすので、家庭での十分な看護が必要になります。
しかし犬は視力のほかに鼻や耳の嗅覚が優れており、慣れてくれば家庭での暮らしは意外にうまく適応できます。
家庭でのサポートとして、家具などの位置は変えず、散歩のときには注意が必要です。

治療法として内科的治療を行いますが、主に病気の進行を遅らせる事を目標としており、白内障の症状が著しく改善されることは少ないようです。
また人間と同じように外科的治療で、水晶体を取り除き縫合するなど行われることがありますが、一般的な治療法とはなっていません。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ