知らないと損をする!オススメの犬の保険ベスト3!!

犬の白内障を知る

進行すると失明する病気



白内障の症状

目の水晶体が白く濁る病気です。進行すると視力が低下し、失明に陥ることもあります。


白内障は水晶体に起こる病気です。


水晶体は瞳孔よりも奥にあるので目の中を覗き込んで瞳孔の奥が白く濁っていれば白内障が疑われます。


水晶体が白く濁る為に視力が損なわれ、犬がふらふら歩く、よく物にぶつかるなどの症状から異変に気づきます。


また、白内障が重度に進行すると水晶体が破壊されることがあり、ひどい炎症を起こすことがあります。




白内障の原因

先天性のものと後天性のものがあります。後天性の白内障の原因としては、犬の老化によるものです。


犬が6歳以上で白内障が徐々に進行していくもののほとんどは老化による変化であると考えてよいでしょう。


先天性とは血統からくる遺伝的病気を指します。


また、外傷、糖尿病、中毒などが原因で白内障になることがあります。




白内障の予防・診断・治療

診断

眼底鏡(がんていきょう、眼を診断するときに使う顕微鏡)で目の中をのぞくと、どれだけの光が網膜まで届いているのかが分かり、病気の進行の程度を知ることが出来ます。




治療

白内障の症状が進行すると視力障害を起こすので、家庭での十分な看護が必要になります。


しかし犬は視力のほかに鼻や耳の嗅覚が優れており、慣れてくれば家庭での暮らしは意外にうまく適応できます。


家庭のサポートとして、家具などの位置は変えず、散歩のときには注意が必要です。


治療法として内科的治療を行いますが、主に病気の進行を遅らせる事を目標としており、白内障の症状が著しく改善されることは少ないようです。


また人間と同じように外科的治療で、水晶体を取り除き縫合するなど行われることがありますが、一般的な治療法とはなっていません。






病気の16項目一覧

サブコンテンツ

犬の辞典人気ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    犬の保険を比較するコンテンツが当サイトの1番人気コンテンツに。

    1か月のページビューは約3000ページビューと多くの方にご覧いただけました。

    ありがとうございます。

    日々多くの方が犬の保険について関心をお持ちであるということが伝わってきました。

  • オススメのドッグフードとドッグフードの真実

    犬の保険ランキング

    ドッグフードについてのコンテンツが2位にランクイン。

    今だ知られることのないドッグフード業界の裏の闇を暴露しながらそんな闇に愛犬が呑み込まれないようにするためのドッグフード選びを紹介しているコンテンツです。

  • 犬の手作りごはんを知る

    犬の手作りごはんを知る

    当サイトで圧倒的一番人気コンテンツです。

    手作りごはんに挑戦したいと思っている飼い主さんに知っておいてもらいたいポイントをわかりやすくまとめて紹介しています。

このページの先頭へ