肺水腫

 
TOP犬の病気の辞典呼吸器の病気>肺水腫
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の肺水腫

肺の中に水が溜まる病気


肺水腫の症状

肺水腫はその犬がすでにかかっている病気からの影響で起こることの多い病気です。
元の病気の症状により、あらわれる症状も違います。

軽い時には運動したときや、興奮したときにせきが出たり、軽い呼吸困難になるぐらいです。

重くなると、ゼーゼーという呼吸をしたり、呼吸が速くなったりします。
せきも一晩中止まらなくなることもあります。少しでも呼吸を楽にしようとする為、前足をつっぱたり、落ち着かなくなったりすることもあります。



肺水腫の原因

肺水腫は肺の細気管支や肺胞などに水が溜まってしまう病気です。
こうなると水分に邪魔されて本来のである酸素と二酸化酸素の交換が困難になり、呼吸困難になります。

気管支などの気管周辺が炎症を起こしたために肺水腫になることもあります。
この原因としては、ガスや薬品を吸い込んだために薬品中毒を起こす場合が考えられます。

犬では小型犬によく見られる僧帽弁閉鎖不全の場合に、この症状がみられることがあります。



肺水腫の予防・診断・治療

診断
聴診や打診、せきの出る状態、呼吸困難などから肺水腫かを判断できることがありますが、それだけでは不十分なこともあり、X線検査で肺や心臓の状態を調べる必要がある時があります


治療
肺水腫の治療としては胚に溜まった水を除去するために利尿薬などによる内科治療を行います。

呼吸困難がひどい時には酸素吸入が必要になることもあります。特に僧帽弁閉鎖不全がある時には、せきをおさえるために長期の治療になることもあります。

急性の肺水腫では、呼吸困難になり死亡することも考えられるので早めの治
療が必要です。


呼吸器の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ