肺気腫

 
TOP犬の病気の辞典呼吸器の病気>肺気腫
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の肺気腫

呼吸困難が徐々に進行する病気



肺気腫の症状

慢性の肺気腫の場合ちょっとした運動でも呼吸困難を起こし息をするのにも苦労するような症状を見せます。

病気が進行するにあたり呼吸が落ち着くまでに時間がかかるようになります。
また大変疲れやすく運動するのも難しくなります

急性のものでは、鼻や口から泡やよだれを出し、急な呼吸困難になり苦しみ、ひどい場合にはそのまま死亡に至る場合があります。



肺気腫の原因

肺の中の肺胞が何らかの原因で異常に広がり、空気を必要以上にふくんで緊張し壊れてしまうために起こる病気です。

気管支炎などの為に気管支が狭くなるのが一番の原因で、その周りの肺胞が部分的に傷んで肺気腫になります。

その他にも急激なせきの発作などにより肺胞が緊張し、急性の肺気腫を起こします。せきを繰り返したり、使役犬がなどが激しい労働があり、急な呼吸運動をした為に肺胞が酷使され、肺気腫を起こすこともあります。



肺気腫の予防・診断・治療

診断
聴診や打診、あるいは息をはく時に苦しがる特徴的な症状を示すかどうかを見て診断をします。またX線検査などにより他の呼吸器疾患を調べる事も診断の手助けになります。


治療
気管支炎やケガから肺気腫になっている場合は、その原因が治れば自然に治ることもあります。
しかし、原因がはっきりせずに、また肺胞が広く壊れすぎた場合は有効な内科的治療はありません。
そのため悪化させないような保存医療法が主になります。

呼吸器の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ