肺炎

 
TOP犬の病気の辞典呼吸器の病気>肺炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の肺炎

感染からくる重い呼吸器の病気



肺炎の症状

肺と気管支が炎症を起こし発症する病気。
いろいろな原因から発症し、炎症が起きる場所も様々なので、症状も一定しません。

気管支炎などより症状は重く、症状は気管支の病気などにあるせきがでる事が多いようです。

せきから吐き気を誘発したり、ゼーゼーという呼吸音がしたり、呼吸困難の為に口をあけて呼吸をしたりします。
呼吸困難や発熱を起こすため運動を嫌がったり、食欲不振になったりします。

症状が重くなると体を横にすることすらできなくなります。肺炎になっている時に無理な運動をするとひどい呼吸困難を起こし倒れてしまうこともあります。



肺炎の原因

通常はジステンパーウイルスや、ケンネルコフの原因となるパラインフルエンザウイルスや細菌などによるものが多く、ごく稀に寄生虫によるものもあるようです。

他の呼吸器の病気のように、刺激性の煙や薬物を吸い込んで肺炎を起こすことも考えられます。
また冬の乾燥した季節に環境的ストレスからウイルスや細菌に感染しやすくこれらの程度により肺炎を併発することもあるので注意が必要です。



肺炎の予防・診断・治療

診断
肺炎は他の呼吸器の病気に比べると症状が重いため、特に病気をしっかりと見分けなければいけません。
診断にはX線写真や胸部の聴診などがあります。全身の検査も必要になることがあります。


治療
感染を抑えるために内科的治療が必要です。その他に吸入療法や酸素吸入が必要になることもあります。肺炎を起こしている犬は運動をさせたり興奮しないように安静にする必要があります

呼吸器の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ