眼瞼炎

 
TOP犬の病気の辞典目の病気>眼瞼炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の眼瞼炎

進行が進むと、慢性化し治りにくい病気



眼瞼炎の症状

まぶたやその周辺が赤く腫れる病気で、その部分の毛が抜ける事があります。

痛みを伴うために、犬はしきりに目の周りをこすります。悪化すると目のまわりの皮膚がじくじくしたり、化膿してウミが出る事もあります。

結膜炎などを併発するとさらに痛みが増し、まぶたをけいれんさせたりします。
慢性化するとまぶたが固く腫れてしまい、治療をしても容易には治りにくい場合があります。



眼瞼炎の原因

アレルギー性皮膚炎、毛包虫などの寄生虫による皮膚病、真菌や細菌が感染して起こる皮膚病などが原因で眼瞼炎になることがあります。

その場合は体のほかの部分にも脱毛などの症状が起こり、かゆみも伴います。
結膜炎や角膜炎などになり、犬が目をこすりすぎたりすることで眼瞼炎になることもあります。



結膜炎の予防・診断・治療

診断
眼瞼炎は犬の目の症状を確認することで判断できますが、原因は様々なのでその原因を突き止める事が必要になります。


治療
眼瞼炎が他の病気によって引き起こされた場合には、その病気の治療を行い合わせてまぶたの治療を行います。
まぶたの治療としては、まぶたの周りを清潔に保ち、内科治療を行います。
かゆみがなくなるまでは、犬は前足などで目をこすり、二次的に結膜炎や角膜炎などになることがあるので注意が必要です。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ