外耳炎

 
TOP犬の病気の辞典目の病気>外耳炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の外耳炎

耳あかが溜まり、かゆみの出る病気



外耳炎の症状

外耳炎は外耳道が炎症を起こし、常に耳あかが溜まった状態になります。
褐色や黄色などの色をした耳あかが溜まります。

耳あかは、水状のものや、ワックス状のものがあり、においがあります。
炎症の影響で耳の皮膚までが赤くなって腫れる事があります。犬はしきりに耳を気にするようになります。アレルギー体質の犬では体全身にかゆみが広がることがあります。
慢性化すると外耳道やその周りの皮膚が赤くはれて、耳道をふさいでしまう事もあります。



外耳炎の原因

黄色ブドウ球菌による細菌感染、マラセチアによる真菌感染が代表的です。また重症の場合には緑膿菌などの悪性の菌が感染していることもあります。

アレルギーやホルモン異常をもつ犬や、垂れ耳の犬はかかりやすくなります。



外耳炎の予防・診断・治療

診断
耳の分泌物を採取し、染色して顕微鏡で調べます。細菌の検査を行いどの抗生物質がより効くかの確認も行います。


治療
菌を確認できたらそれに合った抗生物質や抗真菌剤を投与します。耳道に軟膏やクリームを塗る際には、耳毛を抜き、耳をきれいに消毒をしてから行います。

予防として耳掃除は必要ですが、頻繁に耳掃除を行う事や、刺激の強い液体で耳掃除を行うとかえって炎症を起こしやすくなるので注意が必要す。
私は耳掃除でオレンジXという液体を使い耳掃除を行っています。耳掃除以外にもいろいろな用途があるのでお勧めです。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ