腹部の腫瘍

 
TOP犬の病気の辞典ガンの病気>腹部の腫瘍
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の腹部の腫瘍

症状が出てからでは手遅れになるガン



腹部の腫瘍の症状

腫瘍のできた場所により多少異なりますが、元気がなくなったり、体重の減少、嘔吐、下痢、おなかが膨らむなどの症状が出ます。

腹部の腫瘍ために進行してからの発見が多く、手遅れになることがあります。腹部の主な腫瘍として、胃がん、直腸ガン、肝臓ガンがあります。

胃がんでは嘔吐が見られますが、この嘔吐は通常の治療では治すことができません。血を吐いたり、体重が急激に減ったりすることもあります。
残念ながら、早期発見、早期治療以外に完治する方法はありません。

直腸ガンは多くの場合、便に鮮やかな血の色が付いていることで気づきます。早期のうちに直腸を切除すれば完治します。

肝臓ガンは主な症状が食欲がなくなり、腹部が膨らむことです。腹を触ったときに腫瘍に気づくこともあります。

犬の肝臓ガンは他の臓器などに移転することは少なく、かなり大きくなっても、ガンを切除すれば、そのあとはある程度元気に生活していくことが出来ます。



腹部の腫瘍の原因

症状が出てからでは遅いのが腹部のガンの特徴です。8歳をすぎたら定期的な健康診断を受ける事が必要です。



腹部の腫瘍の予防・診断・治療

診断
X線検査、血液検査、超音波検査などを行い、腫瘍の見つかった場合には、治療を兼ねて開腹し、確定診断を行います。


治療
ガンを切除し、その後抗がん剤治療を行います。肝臓ガンや胃ガンなどは、症状が進んでからガンと診断されることが多く、多くの場合、手術でガンを完全に切り取ることは困難です。しかし、病気であってもしっかりとした治療を行うことにより、長い間生存することが可能です。


心臓の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ