フィラリア症

 
TOP犬の病気の辞典寄生虫の病気>フィラリア症
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬のフィラリア症

急性の場合では死亡する恐れもある病気



フィラリア症の症状

フィラリア症は犬糸状虫症とも呼ばれ、蚊の媒介によってフィラリアが犬から犬へと感染して起こる病気です。

フィラリアは主に犬の心臓と肺動脈に住みつき、心臓などにさまざまなダメージを与える、非常に重大な病気です。
寄生している成虫の数、感染の期間、寄生の場所などにより症状は異なりますがさまざまな症状を表します。また寄生している成虫の数が少なければ、あまり症状が出る事はありません。

症状は感染初期の6ヶ月ではほとんど症状はあらわれませんが、感染初期を過ぎると軽い咳が出るようになり、次第に運動を嫌がるようになり、食欲はなくならないのに体重が減り、皮膚病などの症状が現れ始めます。

さらに症状が進むと激しい運動をした後に息が切れ呼吸が荒くなり右心不全の症状を表すようになります。

このままの症状で犬の異変に気づかず、時間がたつと犬のおなかに腹水がたまり、太鼓腹のようにふくれてきます。

ここまでの症状を表すまでには通常は数年かかりますがこの症状まで来ると死亡してしまう事が多くなるので、早期の治療が必要です。またフィラリア症には慢性の症状に加へ、急性のフィラリア症があり、急性の場合はコーヒーのような赤褐色の尿が出る事です。
急性の場合はすぐに発見して手術を行いフィラリアを取り除かないと死に直結します。



フィラリア症の原因

フィラリアは乳白色をしたそうめんのような形の長細い形でオスは体長12〜17p、メスは25〜29pほどです。

犬に寄生しているオスとメスのフィラリアが交尾を行い犬の血液中にミクロフィラリアと呼ばれる子虫を産みます。

このミクロフィラリアは犬の全身を回り、蚊が犬を刺した時に一緒に血液といっしょに吸引されます。この吸引した蚊が他の犬を刺した時に犬に侵入します。

犬の体内に入った感染子虫は2ヶ月ほどかけて2p前後の体長に成長した後に血液から心臓や肺動脈に移動します。

犬に寄生している多数のフィラリアが心臓から肺動脈まで血管を通って移動するために血液の流れが悪くなり、心臓に負担がかかって心不全などの症状を表すようになります。



フィラリア症の予防・診断・治療

診断
フィラリア症を診断するには犬の血液の中にミクロフィラリアがいるかいないかを顕微鏡を使い検査します。しかしこの方法ではまだ成虫がミクロフィラリアを生み出していない時には診断ができません。この場合はフィラリアの抗体を調べて診断します。


治療
慢性のフィラリア症の場合は、薬で虫体を死滅させる方法をとります。薬により死滅したフィラリアはやがて肺動脈の中で分解され消えてしまいます。
しかしフィラリアの数が多い時は死亡したフィラリアが肺動脈につまる恐れがあり、大変危険性が伴います。
また急性のフィラリアでは薬物での治療は不適切となり、手術を行いフィラリアを取り除きます。
薬物や手術を行いフィラリアを取り除いた後は、3〜6週間後に血液中のミクロフィラリアを薬により駆除を行います。
予防としては、毎日薬を投与する方法、一か月に一回投与する方法、1度の注射で約半年間効果の続くものがあります。フィラリア症は予防さえすれば防げる病気です。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ