鼻炎

 
TOP犬の病気の辞典呼吸器の病気>鼻炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の鼻炎

鼻の中の粘膜が炎症を起こす病気

鼻炎の症状

鼻炎の症状が軽い場合は、水のような鼻汁が少し出る程度です。

くしゃみもそれほどひどくなく、くしゃみで鼻汁を飛ばしたり、軽い痛みから鼻を気にしたりする程度です。

しかし重くなると、鼻汁が濃くなったり、血液が混じるようになったりします。

こうなると鼻の外側もただれてくるため、犬は気にして前足で鼻をこすったりします。

鼻炎により鼻の粘膜が腫れ、同時に鼻汁が出て鼻腔が狭くなると呼吸困難となり、ゼーゼーという呼吸音が聞こえたりします。



鼻炎の原因

主に考えられるものとしては、ウイルスや細菌などの感染によるものが考えられます。

ウイルス感染によるものでは、ジステンパーによる鼻炎が知られています。

冬の乾燥した時期では鼻の粘膜が刺激され、細菌感染を起こしやすくなることもあります。

また、人間でよく問題になる、アレルギー性鼻炎も原因の一つだと考えられます。


鼻炎の予防・診断・治療

診断
鼻炎そのものの診断は症状から判断すれば難しくありません。
しかし、鼻炎以外からの症状が同時に起きている時は、その病気の診断が鼻炎の治療に関して大変重要になります。

診断を確定させるためには、出てくる鼻汁の細菌検査を行ったりすることが必要です。最近では犬においてもアレルギー検査が気軽に行えるようになりました。


治療
鼻は呼吸器の入り口であり、治療は鼻炎だけではなく全身治療に注意して行う必要があります。一般的には内科的治療が主になります。


呼吸器の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ