鞭虫症

 
TOP犬の病気の辞典寄生虫の病気>鞭虫症
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬の鞭虫症

多数が寄生すると栄養失調や貧血を起こす病気



鞭虫症の症状

この鞭虫症の症状は、寄生している数によって異なります。小数が寄生しているだけでは症状はあらわれませんが、数が多くなると激しい症状を示すようになります。

さらに、犬鞭虫以外の寄生虫との混同感染があれば、症状はより悪くなります。少数の寄生虫の場合は、時々軟便をしたり、便の最後に少しドロッとした血便を排出する程度で、重大な症状は表わしません。

しかし鞭虫の数が多いと、犬は激しくお腹が痛くなり、食欲がなくなり常に下痢をするようになります。

また栄養不足となりやせ始め、毛づやも悪くなります。さらには貧血や脱水などの全身症状も現れます。



鞭虫症の原因

犬に寄生する鞭虫を犬鞭虫と言います。この寄生虫は体の細長い前頭部を盲腸などの粘膜に深く潜り込ませて寄生します。

成虫は多くの虫卵を産み便と主に外に排出され、2〜4週間で成熟卵になります。この成熟卵に汚染された食べ物などにより感染します。

飲み込まれた成熟卵が体内に入って主に小腸でふ化し、その粘膜の内部に侵入して発育を続けます。



鞭虫症の予防・診断・治療

診断
犬が血の混じった粘液性の下痢便をしたら、犬鞭虫症の疑いがあります。確実な診断を下すためには、便を取って顕微鏡検査を行い診断を下します。


治療
軽い症状だけの犬では駆虫薬を飲ませるか、注射にて投与します。投与したら2週間以降に再検査を行い駆除されているかの確認をします。されていない場合は再投与が必要になります。
症状の重い場合では犬が慢性的な不健康状態になるので、腸炎に対する処置や、栄養補給などを行います。
また貧血が激しく、ショック症状にあるものでは、輸血を行うなどの救急処置を必要とします。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ