アトピー性皮膚炎

 
TOP犬の病気の辞典皮膚病の病気>アトピー性皮膚炎
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬のアトピー性皮膚炎

ひどくかゆがり、しきりに体をか



アトピー性皮膚炎の症状と原因

犬によっては、ほこりやダニ、花粉などに敏感に反応してアレルギーの元となり、皮膚をしきりに舐めたりかいたりすることがあります。

このように皮膚から吸収することによって起こる病気をアトピーと言いアレルギーの代表的なひとつです。

症状とは各部にひどいかゆみがあり、犬はその部分をしきりに舐めたりかいたりします。
そのため、皮膚が傷ついたりただれたりします。この症状が長く続くと、皮膚が厚くなり乾燥することがあります。

アトピーはしばしば慢性化し、一度治っても多くの場合は再発を起こします



アトピー性皮膚炎の原因

アレルギーは、体に害のあるものを取り除こうとする免疫の働きが、特に害のないものに対しても過剰に働く為に起こります。

アトピーでは空気中にある、花粉やダニ、ほこりなどがアレルゲンとなり犬が吸い込むことにより、免疫が働きアレルギーの症状が現れます。

犬がアレルゲンを吸い込むと、犬の体内で免疫グロブリンという物質が作られ、この物質が皮膚と反応して炎症を起こします。アトピーはその75%は1〜3歳で最初に発病します。また遺伝的に

犬種などによりアトピーになりやすい犬もいます。



アトピー性皮膚炎の予防・診断・治療

診断
犬の症状や皮膚の感染状況から判断し診断を行います。しかし、寄生や感染などでの皮膚炎などの症状ともよく似ており、症状が出る状況など詳しい情報が必要となりまます。

また人間と同様に検査などによるアレルギー診断やアレルゲンの判定も行われますが、判定が複雑、検査機関不足などの課題があります。


治療
アトピー性皮膚炎の治療では薬物治療が中心になります。また犬の体を洗い、体の表面に付いているアレルゲンを洗い落とし、皮膚が乾燥しないようにすることが必要です。

薬物投与では副腎皮質ホルモンや抗ヒスタミン薬などが炎症やかゆみを止めるために使われています。


また最近では薬物治療のほかに漢方治療を併用して行う方法も検討さ
れています。

またアトピーの為のシャンプーやリンスーなどがあるのでこれらを使い時々はアレルゲンを落とすために体を洗います。


犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ